Top > 長く働くことができる職場の特徴は?

障害者雇用の現状を知る Web Sana Report

支援策から知る

長く働くことができる職場の特徴は?

まずは自己分析などで自分軸をしっかりと定めましょう

就職した企業にはできるだけ長く働き続けたいものです。では、どうしたら長く働き続けられるのでしょうか? まずは、自分のしたいことと仕事のマッチングが重要になります。そのために企業を選ぶための自分だけの軸を定めることが大切です。

そして、やはり企業や職場ごとの環境整備も大きな要因として挙げられるでしょう。障害者雇用に積極的な企業は、多くの障害者が働いているので環境が整いやすいというメリットが生まれます。また、長く働いていけるように職場定着のための様々な取り組みが行われています。

通勤条件などの制度や障害者理解のための取り組みを知ろう

それでは、企業では障害者が職場定着しやすいようにどんな取り組みを行っているのでしょうか? まずは制度の充実があります。時短勤務や勤務時間内の通院、ラッシュ時の通勤時間をさけるフレックス制の導入、さらには車通勤など、様々な制度を導入して働きやすい環境を整えています。

また、他の社員に対して、障害に関する理解を深めるための研修や交流会などを開催する企業も数多くあります。例えば、社員が手話を学ぶ手話教室や視覚障害者の立場を経験するために目隠しで歩くなどの試みを行うケースもあるようです。施設・設備面だけでなく、職場の障害に対する理解が深まるほど働きやすさも向上します。ぜひ企業の障害者理解のための取り組みもチェックしておきましょう。

クルマ通勤
クルマ通勤の有無など、必要な配慮は必ず確認しましょう

  • 制度からみる
  • データからさぐる
  • 事例から考える
  • 支援策から知る

先頭