Top > 「日本財団 福祉のデザイン学生コンペ」が開催

障がい者雇用の現状を知るウェブサーナレポート5つのポイントから障がい者雇用の現状を紹介します
制度からみる
データからさぐる
事例から考える
支援策から知る
イベント取り組みを知る

「日本財団 福祉のデザイン学生コンペ」が開催

福祉を描くアイデアやデザインを募集

長年にわたって福祉分野への支援を行ってきた日本財団では、高校生以上の学生を対象にしたデザインコンペティション「日本財団 福祉のデザイン学生コンペ」を開催することを同財団のホームページにて告知しています。2023年7月10日(月)〜9月4日(月)まで、これからの福祉を描くアイデアやデザインを広く募集し、特設ウェブサイトにて応募受付を行っています。

今回で3回目を迎えた「日本財団 福祉のデザイン学生コンペ」の目的は、将来、建築や福祉にかかわる学生への啓蒙と育成を目的としています。福祉施設がより地域に開けたコミュニティの拠点として機能してほしい、ひいてはお互いを理解し、支えあう社会になってほしいという想いから、「日本財団 みらいの福祉施設建築プロジェクト」の特別企画として行っています。

テーマは「日常のある福祉『施設』」

今回の「日本財団 福祉のデザイン学生コンペ」のテーマは「日常のある福祉『施設』」です。日本財団のホームページには、出題者である建築家の山健太郎氏のコメントが紹介され、「福祉施設の利用者は、日常と断絶されることによる不安があると思います。そこで、これからの福祉『施設』を考えたときに、これまでの生活と地続きになるような『施設』は考えられないだろうか。当たり前にある豊かさを見つめ直し、人間が生きることを最後まで支える日常のある福祉『施設』を提案してください」といった趣旨の提案課題の背景が述べられています。

応募資格は、応募期間時点で日本国内の大学院、大学、短期大学、高等専門学校、専修学校(各種学校)、高等学校などに在籍する学生であることとしています。1次審査結果の発表は2023年10月中旬を予定、そして2次審査(公開審査会)・表彰式は2023年11月下旬を予定しています。

制度からみる
データからさぐる
事例から考える
支援策から知る
イベント取り組みを知る

先頭