Top > 障害者雇用サポートセミナー開催

障害者雇用の現状を知る Web Sana Report
ピックアップ・ニュース

障害者雇用サポートセミナーの開催

2019.6.27

県内外の企業等を対象にした「障害者雇用サポートセミナー」

 埼玉県障害者雇用サポートセンターでは、埼玉県内外の企業等を対象にした「障害者雇用サポートセミナー」を、毎年開催しています。

 同サポートセンターは、‐祿欧里△詈の仕事の場を広げるための雇用開拓 雇用アドバイザー等による具体的な雇用の提案や雇用管理のアドバイスなどの企業支援 ジョブコーチによる職場定着支援、この3つを一体として総合的に実施。企業への雇用支援のほか、障害者への就労支援、障害者雇用に理解のある企業のネットワーク構築・運営などに取り組んでいます。
 企業への雇用支援として実施している「障害者雇用サポートセミナー」は、毎年6月・9月の年2回開催しており、2019年度の第1回セミナーは、さいたま市大宮区の市民ホールにて6月25日に開催されました。同セミナーでは、「法改正動向を踏まえた障害者雇用のあり方」をテーマにした講演や、障害者雇用に取り組んでいる企業の事例発表、「取り扱い助成金について」の講演が行われました。


サポートセンターの取り組み実績

 同サポートセンターの活動実績として、企業の相談件数は1,279件にのぼり、雇用の提案を行った企業は586社となっています。また、雇用セミナーの年間を通しての参加企業数は293社(3回)、障害者雇用企業の見学会は72社で行われ、企業間の情報交換会には64社(7回)が参加しており、障害者雇用に取り組もうとする企業の関心の高さと同時に、積極的な取り組み姿勢がうかがえます。

 また、埼玉県において、2018年6月1日現在の民間企業の実雇用率は2.15%と全国平均2.05%を上回っており、法定雇用率達成企業数は1,549社、割合は46.1%で、これも全国平均45.9%を上回っています。同サポートセンターは2018年に10周年を迎え、これまでの取り組みの成果がこのような数字になって表れているといえるでしょう。

 他府県でも、同様の障害者雇用を支援するサポートセンターを設置する動きがあります。こうした支援の充実と同時に、その活用を促進することが、さらなる障害者雇用の拡大につながります。



  • 制度からみる
  • データからさぐる
  • 事例から考える
  • 支援策から知る

先頭