Top > 就活読みもの > 企業選択の仕方 > 4 企業選択からエントリーへ

【就職活動ガイド】

エントリーするにあたって | 企業選択の仕方

実際に応募する企業を選ぶときに、どのように考え決めていくか?企業選びの方法にはいくつかのポイントがあります。今回はそんな『企業選択』についてご紹介します!

企業選択

漠然と「この会社に入りたい」「この会社よさそうだ」といった理由で企業選択をしても、自分に合った企業が見つかるとは限りません。どういう企業なのかをさまざまな角度から考え、また、自分にとって働きやすい職場かどうか等、入社後のことも考えながら決めていくことで、本当に自分に合った企業に出会えるといえます。

応募までの流れを整理しよう 企業選択からエントリーへ

ここでは、企業選択に至るまでの流れと、そこからエントリーするまでに何をするかを説明します。

自己分析や自己PRの目的は、「だからこの企業を選んだ」「だからこの企業の役に立てる」に繋げることです。
企業選択をする一方で、自分のアピールポイントと結び付くかどうかも考えなくてはなりません。具体的には、就職活動ガイドの『自己分析・自己PRの考え方 〜準備編〜』や、 『自己PR 〜実践編〜』などを参考にしてみてください。
②業界や企業についての知識を固めることで、その後の選考に備えましょう。より詳細な情報収集の仕方については、『業界研究・企業研究の仕方』を活用してみてください。また、業界研究や企業研究と合わせて、職種研究にも力を入れましょう。自分自身の個性や特徴を発揮できる職種かどうかは、入社後の仕事で活躍できるかどうかに関わる問題です。企業選択とならんで重要ともいえる“職種選択”については『職種研究』を参考にしましょう。
今回のテーマである『企業選択』です!
これまで説明してきたことの要点を押さえておきましょう。
  •  
  • ○Point.1
  • 学校と企業との違いを考え、企業において求められることを認識しましょう。
  • ○Point.2
  • 自分が求める“企業像”を確立して、それを軸に企業を調べてみましょう。
  • ○Point.3
  • ニュースや面談会等、リアルタイムで得られる情報を参考にしましょう。

④企業の選択基準が明確で、自己のアピールポイントが企業選択に繋がっていて、さらに自分の特徴と職種とがマッチングしていることを説明できれば、志望動機はほとんど完成しているといえるでしょう。
就職活動ガイドの『志望動機』では、流れに沿ってその組み立て方を説明しているので、参考にしながら志望動機を作成していきましょう。
⑤いよいよエントリーです。
『エントリーの方法・エントリーシートの書き方』には、いくつかのエントリー方法や、気を付けるべきことの説明、記入例等を載せておりますので、活用してみてください。

    ★CheckPoint★

    エントリーをしたら、その後の選考をクリアしていくことが目標になります。筆記試験対策や、履歴書の作成、面接対策を立てる他、身だしなみや言葉遣いといったマナーについても気をつけるようにしましょう。また、入社後の目標についても考えてみてください。どれだけ立派な志望動機を述べても、「入社後にやりたいことは?」の問いに答えられなければ、その志望動機には真実味が無くなってしまいます。企業選びにあたっては、「その企業で働く自分」というものをイメージするようにしましょう。


一覧に戻る

会員登録されていない方、まずは会員登録から!

先頭