Top > 就活読みもの > 自己分析・自己PRの考え方 > 2 チェックシートに記入

【就職活動ガイド】

就職活動を始めるにあたって | 自己分析・自己PRの考え方

今回は自己分析の仕方、自己PRの作成の仕方をご紹介します。自己PRは面接などの選考試験でよく問われるテーマのひとつです。自分をしっかりと理解し、志望する企業にアピールしていきましょう。

自己分析・自己PRとは・・・

『自己分析』は、(1)自分自身の特性を理解し、自己PRの材料を発見すること。また、(2)その材料を、志望する企業に対して、より明確にアピールすることです。言い替えれば、「自分広告」を編集・作成する作業になります。これまでの自分を振り返り、自分の強みや能力、価値観を再認識することが、上手な自己PRを作成するための第一歩となります。就職活動において、自分をPRする機会はとてもたくさんあります。自分を振り返り、上手な自己PRをすることで面接・面談を成功させましょう。

自分のことを書き出していこう!

自己分析はまず、これまでの自分を振り返ることからはじまります。学生時代の自分(既卒者の方は卒業後も含め)がどのようなことに興味を持ち、何に打ち込んできたかを中心に、自分のこれまでの経験をまとめてみましょう。

ポイントは自分の経験をふまえて、自分の性格や考え方を分析することにあります。「過去の自分は何を考えどのように行動していたのか」「今の自分はどう考え何ができるのか」「将来の自分はどうあるべきか」を考えながら記入することが重要です。

記入するコツは、できるだけ客観的に、かつ具体的にまとめることです。この段階では、箇条書きでもかまいませんので、できるだけ多くの材料を挙げてみましょう。

1)過去の自分を振り返る(中学・高校時代)

この時期は心も体も変化の大きい時期なので、多くの影響を受けていると思います。どのようなことに打ち込んできたのか、興味があったもの、好きだったものを思い出してみよう。今振り返ってみると、自分でも気づかなかったルーツを発見できるかもしれません。

2)現在の自分を振り返る(大学・短大・専門時代)

「大学時代に力を入れたこと」は、面接のときに必ず聞かれます。大学(短大・専門)生活では、どんなことに打ち込んできたのか、どのような経験をしてきたのか、今現在の自分自身について振り返って考えてみよう。

3)卒業後・現在の自分を振り返る

既卒の方で、現在転職を考えている人は、自分が今まで働いてきた会社のことや、現在自分が
興味を持っていること、努力していることがあれば記載しましょう。

自己分析シート

記入した内容を振り返り・・・

過去に打ち込んできたことや、現在打ち込んでいることについて、なぜその行動を起こしたのか、目的を再認識しましょう。自分の中の「価値観」がわかってくるはずです。また、さらに、経験したことから、何を学んだのか、何を得たのかもしっかり考えておきましょう。そのことが自己PRへつながります。



一覧に戻る

会員登録されていない方、まずは会員登録から!

先頭