(メーカー/食料品)> 日本たばこ産業株式会社 (JT)の障がい者求人・雇用情報

日本たばこ産業株式会社 (JT)

企業ロゴ
メーカー/食料品
新卒 2025~2022年卒業予定の方
基本情報
もっと詳しく

企業情報事業内容や、強み・特徴などの情報をご案内

人事メッセージ

JTグループでは、異なる文化や多様な価値観を尊重する風土があります。障がいの有無にかかわらず、個々の「成長したい」という意思に対して全力で支援する態勢を取っています。

こうした環境の中で共に働く意欲とチャレンジ精神を持ち、自ら考え、実行する力をもった方をお待ちしております。

事業内容

JTならではの多様な価値を提供するグローバル成長企業

img_01ありのままの自分で、ありたい未来へ

JTグループは、たばこ事業、医薬事業、加工食品事業を柱に、事業を展開しております。

JTグループの歴史は「自ら変化に挑戦し続けてきた歴史」といえます。二度にわたる超大型M&A、「MILD SEVEN」から「MEVIUS」へのブランド刷新など、常に変化を先取りし、「決断・実行」してきたことが、JTグループの現在を形作っています。

JTグループは、お客様の多様なニーズにお応えするために、今後も既成概念にとらわれることなく変化に挑戦し続け、お客様に信頼される「JTならではのブランド」をお届けし続けていきます。

企業情報の詳細はこちら 新卒採用情報

当社の強み・特徴

130以上の国と地域で製品を販売するグローバルたばこメーカー

事業フィールドに強み・特徴がある世界トップレベルの技術やノウハウを生かし、130以上の国と地域で商品を販売しています。事業インフラに強み・特徴があるお客様に信頼される高品質なたばこづくりを目指し、グローバルな製造体制を構築しています。
会社の戦略に強み・特徴がある中長期視点に立ったブランドへの投資や地理的拡大により、さらなる成長を実現していきます。技術力・開発力に強み・特徴があるブランド価値の強化や幅広いブランドポートフォリオの構築のための施策に常に取り組んでいます。
商品・サービスに強み・特徴がある多彩なブランドを武器に世界の主要市場でプレゼンスを発揮しています。業界シェアに強み・特徴がある販売数量で世界トップクラス( China National Tobacco Corp.(中国専売公社)を除く)

img_06お客様の多様な嗜好やその変化にお応えするため、既成概念に捉われることなくイノベーションへ挑戦します。

サーナ編集部おすすめポイント

img_07

たばこを吸われる方と吸われない方の協調ある共存も大きな使命です

JTは、「自然・社会・人間の多様性に価値を認め、お客様に信頼されるJTならではのブランドを生み出し、育て、高め続けていくこと。」をミッションとして掲げ、多様な価値を社会に提供し続けている企業です。1985年の会社化以降、常に変化を先取りし、中核事業であるたばこ事業(国内・海外)に加え、医薬事業、食品事業の多角化事業を展開し、成長を続けている同社。「変化を恐れず、果敢に挑戦できる人」、「新しい価値を生み出したいと思っている人」には、活躍の場が限りなく広がっているといえるでしょう。

お客様に信頼される「JTならではのブランド」を生み出し、育て、高め続けるために

JTグループは、さまざまな事業活動のほか、社会への取り組みや企業イベント・企業スポーツを展開しています。
このような活動を通じ、お客様にとって価値ある「JTならではのブランド」をお届けし続けていきます。

たばこ事業においては、グローバル化を積極的に推進し、現在では130以上の国と地域で当社のブランドを販売しています。
今後も、長期的視野に立った投資、マーケットごとの特徴に応じたマーケティング施策の実施、品質向上の推進、営業体制やコスト競争力の強化などを着実に実行し、さらなる成長を実現していきます。

また、「MEVIUS」「Seven Stars」「Winston」などに代表されるブランド力と、バリエーションに富んだ商品ラインアップを強みとしています。また、多様化するお客様ニーズにお応えするため、弊社加熱式たばこブランドのPloom シリーズを中心とした新たな製品カテゴリーの創出に向けた活動も積極的に行っています。
ブランド価値の強化、そして幅広いブランドポートフォリオの構築のため、新商品の投入や銘柄の拡充を継続的且つ適時適切に実施しています。

企業内容

事業内容JTグループは、たばこ事業、医薬事業、加工食品事業を中心とした事業活動のほか、社会貢献活動や企業イベント・企業スポーツを展開しています。
設 立1985年4月
本社所在地東京都港区虎ノ門4-1-1 神谷町トラストタワー
資本金1000億円
代表者代表取締役 寺畠 正道
従業員数5万2640名(連結:2022年12月31日現在 単体:5819名)
売上収益2兆6578億円(2022年1月〜12月期)
事業所本社/東京
その他事業所/全国各地
関連会社TSネットワーク(株)、ジェイティ物流(株)、株式会社JTビジネスコム、日本フィルター工業(株)、鳥居薬品(株)、テーブルマーク(株)、富士食品工業(株)など
沿革・1949年:日本専売公社 設立
・1985年:日本たばこ産業株式会社 設立
・1994年:株式公開・上場
・1998年:鳥居薬品(株)の発行済株式の過半数を、公開買付により取得
・1999年:米国のRJRナビスコ社から米国外のたばこ事業を取得
・2007年:英国ギャラハー社の発行済株式のすべてを取得
・2008年:(株)加ト吉(現:テーブルマーク(株))の発行済株式の過半数を取得 ※現在100%子会社化
・2013年:日本国内において「マイルドセブン」が「メビウス」に名称変更
・2015年:「キャスター」「キャビン」を「Winston」にブランド統合
・2016年:Natural American Spirit 米国外たばこ事業を買収
・2016年:「Ploom TECH」の販売を開始
・2018年:バングラデシュ第2位のたばこ会社である「Akij Group」のたばこ事業を買収
・2019年:「Ploom TECH+」、「Ploom S」の販売を開始
・2021年:「Ploom X」を国内で発売
・2022年:従来の国内たばこ事業、海外たばこ事業を一本化し、一元的な運営を開始
・2023年:「with2」、「Ploom X ADVANCED」を国内で発売

この企業に応募する

  • ブックマーク
  • 印刷

h_other

関連サイト
希望職種からさがす
希望業種からさがす
希望勤務地からさがす
障がい内容からさがす

会員登録されていない方、まずは会員登録から!

先頭

ページの先頭へ