(流通/コンビニエンスストア)> 株式会社セブン-イレブン・ジャパンの障がい者求人・雇用情報

株式会社セブン-イレブン・ジャパン

企業ロゴ
流通/コンビニエンスストア
中途 2023年以前卒業の方
基本情報
もっと詳しく

企業情報事業内容や、強み・特徴などの情報をご案内

人事メッセージ

新しい時代の生活を、ともにつくっていく、新しい「近くて便利」へ
豊富な品揃え、便利なサービス、いつも近くにある安心感。私たちはお客様のニーズとともに変化しながら、地域に寄り添う「街づくり」に取組んできました。そして今、社会環境はかつてないほど変化し、人々の価値観や暮らしが大きく変わり始めています。
増加するおうち時間をもっと豊かで健やかに。もっと安全で地球環境にもやさしいお買い物へ。お客様の新しい生活をともに築いていくために、私たちは「近くて便利」の意味を改めて問い直し、変化をいっそう加速させ、変化に挑み続けます。セブン‐イレブンの店舗で一緒に、元気に、いきいきと働きたい方お待ちしています

事業内容

国内最大「セブン-イレブン」のフランチャイズチェーン本部です。

img_01お客さまに喜ばれる。仲間と楽しく働ける。そんな仕事があなたの近くにあります。

セブン‐イレブン・ジャパンは、コンビニエンスストア「セブン-イレブン」のフランチャイズチェーン本部です。現在、セブン-イレブンのお店は全国2万店以上。「共存共栄」の企業理念の下、加盟店の経営をあらゆる面でバックアップし、お客様に喜んでいただけるお店づくりをめざしています。そのために、常に新しい取り組みを行い、社員一丸となり、日々チャレンジし続けています。

企業情報の詳細はこちら 中途採用情報

当社の強み・特徴

私たちがめざす姿は、「明日の笑顔を 共に創る」

商品・サービスに強み・特徴がある価値ある商品・サービスの提供を通じて健康な社会の実現をめざす。
・健康を支える商品・品揃え
・健康を支える生活拠点
ビジネスモデルに強み・特徴がある地域と共に生きる社会の実現をめざす。
・地域のお客様ニーズ
・地域に密着したインフラ
・地域創生
会社の戦略に強み・特徴がある環境に配慮した循環型社会の実現をめざす。
・環境に配慮した店舗・設備
・サプライチェーン全体で環境負荷を軽減
技術力・開発力に強み・特徴がある多様な人財が活躍する幸せな社会の実現をめざす。
・働きがい・働きやすさ
・社員一人ひとりの価値観・思考

img_06時代を先読みし、暮らしのライフラインを創り続ける。

サーナ編集部おすすめポイント

img_07 

全国47都道府県に約20,000店舗を展開しています。

セブン-イレブン・ジャパンは、コンビニエンスストア「セブン-イレブン」のフランチャイズチェーン本部です。全国47都道府県に約20,000店舗のお店を展開、コンビ二エンスストア業界のトップを堅持しています。本部の役割は、そのお店の経営をあらゆる形でバックアップすること。経営者であるオーナーさんをサポートしていくのが本部社員の大事な仕事です。もちろん障がいのある方にも積極的に仕事をしていただくフィールドがあります。「人の役にたちたい」と考えている方にはピッタリの職場です。既存のサービスにとどまらず、お客様により利便性を提供し、「近くて便利」な店をめざすため、高品質でお求めやすい価格を兼ね備えた、プライベートブランドの「セブンプレミアム」を開発。
マルチコピー機に代表されるサービスの拠点として、店舗機能を強化し、いつでも新しいコンビニエンスストア事業を創出していきます。

企業内容

事業内容コンビニエンスストア「セブン-イレブン」のフランチャイズチェーン本部。
「既存中小小売店の近代化と活性化」「共存共栄」を企業理念として掲げ、加盟店の経営のバックアップを行っています。業界トップの店舗数と高い営業実績を誇っております。
設 立1973年11月
本社所在地東京都千代田区二番町8番地8
資本金172億円
代表者代表取締役社長 永松 文彦
従業員数8549名(2023年2月末現在)
売上高5兆1487億4200万円(2023年2月期)
事業所本社/東京
地区事務所/北海道、宮城、山形、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、新潟、山梨、石川、長野、静岡、愛知、京都、大阪、岡山、広島、山口、香川、福岡、宮崎、熊本、鹿児島
出店地域/全都道府県
関連会社株式会社セブン&アイ・ホールディングス、株式会社イトーヨーカ堂、株式会社セブン&アイ・フードシステムズ、株式会社セブン銀行、株式会社ミレニアムリテイリング、7-Eleven,inc.、SEVEN-ELEVEN(HAWAII),inc.、セブン-イレブン北京有限公司、セブン-イレブン(中国)投資有限公司 他
沿革1974年 第1号店出店
1975年 24時間営業開始
1980年 出店数1000店舗達成
1993年 出店数5000店舗達成
2001年 イトーヨーカ堂と共同出資により「株式会社アイワイバンク銀行(現セブン銀行)」設立
2003年 出店数1万店舗達成
2005年 持株会社である「株式会社セブン&アイ・ホールディングス」設立
2007年 独自の電子マネー「nanaco(ナナコ)」導入開始
2010年 出店数1万3000店舗達成
2012年 セブンライフスタイル販売
2013年 セブンカフェ販売
2014年 免税サービス
2015年 チェーン全店売上高4兆円突破
2016年 水素ステーション併設店舗開店
2018年 出店数2万店舗を突破
2019年 セブン-イレブン・沖縄が沖縄県内に出店開始
2020年 世界のセブン-イレブン店舗数が7万店舗を突破
主な取引先アサヒビール、味の素、カルビー、キリンビール、カネカ、コカ・コーラ、コーセー、サントリー、スマートテック、資生堂、日清、日産自動車、トヨタ自動車、フォーアールエナジー、丸紅、三井物産、NEC
経常利益2826億3000万円(R5/2末時点)
店舗数(国内)2万1402店舗以上(R5年2月末現在)

この企業に応募する

  • ブックマーク
  • 印刷

h_other

関連サイト
希望職種からさがす
希望業種からさがす
希望勤務地からさがす
障がい内容からさがす

会員登録されていない方、まずは会員登録から!

先頭

ページの先頭へ