(その他/団体・連合会、サービス/専門コンサルタント、証券・金融・保険/政府系金融機関)> 独立行政法人中小企業基盤整備機構の障がい者求人・雇用情報

独立行政法人中小企業基盤整備機構

企業ロゴ
その他/団体・連合会、サービス/専門コンサルタント、証券・金融・保険/政府系金融機関
中途 2016年以前卒業の方
  • ブックマーク
  • 印刷
  • この企業に応募する
基本情報
もっと詳しく

企業情報事業内容や、強み・特徴などの情報をご案内

人事メッセージ

(独)中小企業基盤整備機構は、「中小企業の発展と地域の振興」を目的に、中小企業施策全般に渡る公的な支援・実施機関として2004年7月に設立しました。日本の中小企業の経営について、イノベーションから基盤強化、さらにはセーフティネットまでの幅広い分野にわたって支援をしています。
具体的には、融資、出資、助成、債務保証、経営アドバイス、イベント、研修、共済制度、産業用地の提供、インキュベーション施設の運営など豊富な支援メニューを総合的に提供し、中小企業と地域を活性化させることが私たちの仕事です。
中小企業の発展や安心に貢献したい方、元気のない地方を何とかしたい方からの応募をお待ちしております。

事業内容

企業の数だけ課題がある、課題の数だけ事業がある。

img_01私たち採用担当がお待ちしております!

日本には約385万社もの中小企業が存在しており、経営課題は企業の数だけ存在します。我々中小機構は公的な役割を担う立場として、融資、出資、助成、債務保証、経営アドバイス、イベント出展、研修、共済制度、産業用地の提供、インキュベーション施設の運営など、豊富な支援メニューを総合的に提供し、多くの中小企業の元気を増やしていくことを目的としています。

企業情報の詳細はこちら 中途採用情報

当社の強み・特徴

公的な役割を担う立場としての支援策

事業フィールドに強み・特徴がある日本の企業に占める中小企業の割合は99.7%。中小機構はそんな中小企業を公的な立場からサポートしています。商品・サービスに強み・特徴がある中小企業の経営課題に対して、前3法人から培ってきたノウハウを基に幅広い支援策を提供しています。
歴史が強み、伝統のある会社(設立30年以上)中小機構は2004年7月の設立ですが、前身の法人は歴史が深く、設立は1962(昭和37)年になります。

img_06機構が主催する展示会「新価値創造展」の様子です。

魅力的な人材に溢れた職場環境。

支援する中小企業は業種や地域、取り扱う事業も様々です。そんな中小機構で働く仲間も実にさまざまです。中小機構は、2004年に3法人が統合して発足しました。その時、各法人から中小機構に集まった者。新たに新卒採用や中途採用で中小機構に加わった者。そして、外部の専門家や他機関との人事交流。バックボーンは十人十色ですが、中小機構の仲間として全員が共通してもっているもの、それは「中小企業の発展が日本経済の活性化に繋がる」という使命感。その使命感の下、目的意識をしっかりと持ちながら、主体的に仕事に取り組み、活躍しています。そんな魅力的な人物が揃う中小機構で一緒に働きましょう。

企業内容

事業内容中小企業の経営支援、各種のイベントの実施、人材育成のための研修企画・運営、資金の貸付やファンドへの出資、共済制度の運営など
設 立2004年7月
本社所在地東京都港区虎ノ門3-5-1 虎ノ門37森ビル
資本金11051億1429万円(2016年10月現在)
代表者理事長 高田 坦史
従業員数798名(2016年4月1日現在)
事業所■本部
 東京都港区

■地域本部
 北海道本部、東北本部、関東本部、北陸本部、中部本部、近畿本部、中国本部、四国本部、九州本部

■中小企業大学校
 旭川校、仙台校、三条校、東京校、瀬戸校、関西校、広島校、直方校、人吉校

■事務所
 南九州事務所、沖縄事務所

この企業に応募する

  • ブックマーク
  • 印刷

h_other

関連サイト
希望職種からさがす
希望業種からさがす
希望勤務地からさがす
障がい内容からさがす

会員登録されていない方、まずは会員登録から!

先頭