(情報・通信・マスコミ/情報処理)> ジェイアール東海情報システム株式会社の障がい者求人・雇用情報

ジェイアール東海情報システム株式会社

企業ロゴ
情報・通信・マスコミ/情報処理
新卒 2020年卒業予定の方
基本情報
もっと詳しく

企業情報事業内容や、強み・特徴などの情報をご案内

人事メッセージ

未来の高速鉄道をシステムで切り開いていく、そんな仕事に挑戦しませんか

事業内容

ジェイアール東海グループ唯一の情報システム会社

img_01鉄道が安全かつ時刻通りに運行できるように情報システムで支えています。

ジェイアール東海情報システム株式会社(JTIS:ジェイティス)は、JR東海100%出資で1999年2月に設立されたJR東海グループ唯一の情報システム会社です。私たちは情報システムに係る諸業務のなかで主として上流工程を担当し、JR東海及びグループ会社の情報システムの計画、構築、運用の各業務について全社員一丸となって取り組み、社会に貢献することをめざしています。

企業情報の詳細はこちら 新卒採用情報

当社の強み・特徴

公共性の高さと社会的意義の大きさ

商品・サービスに強み・特徴がある新幹線運転管理システムやエクスプレス予約システムなど、公共性が高く社会的意義の大きなシステムを数多く手がけています。

img_06交通系ICカード「TOICA」のシステムもJTISが担当

サーナ編集部おすすめポイント

img_07社員同士が非常に仲が良いことが同社の自慢でもあります

人と人とのつながりを大切にする働きやすい環境があります

同社はJR東海及びJR東海グループの情報システムを扱っています。たとえば、東海道新幹線の運転管理システム(コムトラック)をはじめとして、EX予約やTOICA、券売機や窓口の売り上げを計上、処理するなどの営業系システム、JR東海の社内向け業務システムなどを計画から運用まで一貫して受託しています。また、人と人とのつながりを非常に大切にしている点も同社の特徴。取材を行って感じたのは、チームで仕事をすすめることが多いためか社員同士が非常に仲が良いということ。障がいのある方もいらっしゃいますし、「面倒見がよい人が多く相談しやすい雰囲気であるので、素直で前向きに仕事に取り組める方であれば、自然とまわりはサポートします。」という人事担当者の話からも安心して働ける環境だと思います。
あなたも同社に仲間入りし、JR東海及びJR東海グループのシステムを支えてみませんか?

高速鉄道を次のステージへ

JTISはこれまで、新幹線運転管理システムや在来線運行管理システム、新幹線のエクスプレス予約システムや交通系ICカードのTOICA-ID管理システム、線路や電気設備等のメンテナンス業務をサポートする設備管理システム、JR東海やグループ各社の人事、会計等業務系の情報システム等に携わってきました。また昨今はサイバー攻撃からJR東海及びグループ会社を守るべく情報セキュリテイ確保のための諸業務にも取り組み成果を上げています。これからは、超電導リニアによる中央新幹線の運行管理システムをはじめとする各種システムについて、これまで培ってきた技術を活かし全力で取り組んでいくことになります。

企業内容

事業内容JR東海及びグループ各社の情報システムの計画、構築、運用
設 立1999年2月
本社所在地愛知県名古屋市中村区名駅四丁目4番10号
資本金1億円
代表者代表取締役社長 山本 芳裕
従業員数495名(2019年2月現在)
平均年齢42.1歳(男43.4歳/女34.2歳)
売上高345億円(2017年度)
事業所東京、品川、名古屋
主要製品東海道新幹線や在来線の列車の運行を管理するシステム、線路や構造物などの鉄道のインフラを管理するシステム、エクスプレス予約システムやTOICAシステムなどの営業系システム、JR東海やグループ各社の各種業務を支援するシステム等
主な株主JR東海(100%)

この企業に応募する

  • ブックマーク
  • 印刷

h_other

関連サイト
希望職種からさがす
希望業種からさがす
希望勤務地からさがす
障がい内容からさがす

会員登録されていない方、まずは会員登録から!

先頭

ページの先頭へ