(メーカー/自動車・輸送機器・機械・精密機器)> アイシン精機株式会社の障がい者求人・雇用情報

アイシン精機株式会社

企業ロゴ
メーカー/自動車・輸送機器・機械・精密機器
新卒 2019~2016年卒業予定の方
基本情報
もっと詳しく

OB/OG仕事情報先輩社員のインタビュー情報をご紹介


経験値とPCスキルを生かして確実で高効率な経理システムの構築を

譲れない部分を把握し、自分とマッチする会社をみつけてください
自分の希望が全て叶う会社はほぼないと思います。自己分析を通じて、自分が一番大切にしたいこと、譲れない部分をしっかり把握しておきましょう。障がい者雇用を推進している会社で、評判が悪い話はあまりききません。つまり、自分に合うか合わないかを、会社選びのキーにすればよいのではないでしょうか。自分がやりたい仕事の所属部署で働く人との会話も大切にしながら、長い時間過ごしていけるような会社をみつけてください。
小岩 裕美さん

小岩 裕美さん2017年1月/事務関連職

上肢障がい

入社動機

和やかな社風とアイシン精機の“モノづくり”への思いに強く共感

高校卒業後、20年以上勤務していた会社を退職して転職活動をした際、多くの会社の応募資格が大学卒であることを痛感。そこで高校卒でもOKな会社で働きながら、大学卒の資格を取得するために通信制大学へ通い始めました。会社には経理以外の仕事を希望するも、経理部に配属。最初は「なぜ経理?」という思いが強かったのですが、時間が経つに連れ、経理の仕事が面白くなっていきました。そんな矢先に別の部署への異動命令が…。悩んだ末、ちょうど大学を卒業できたタイミングということもあり、経理の仕事ができる会社へ転職し、新しいスタートを切ろうと決心しました。そしてエージェントを介した転職活動で紹介されたのが、アイシン精機です。アイシン精機の第一印象は「和やか」。人事の方同士の会話がとても心地よく、硬いイメージを想像していた経理部長との面談でも柔らかい印象を受け、こんな雰囲気の会社で働きたいと思いました。
面接時の言葉の端々で伺えたのは、アイシン精機には“モノを良くしていきたい”という思いが強いこと。「工夫を重ねながら仕事を面白くしたい」という私のモットーとのマッチングを強く感じました。

仕事の内容

統制力の高い新システムで、月4000件もの経費伝票をチェック

アイシン精機単体の決算業務を行っています。経理部のチームは2つに分かれており、私が所属する主計チームは主に会社法関係を担当。取締役会における事務局や、株主総会に向けた決算書類の作成業務を担っています。
アイシン精機には90もの部署があり、一人当たり20〜30部署を管轄。私も月に4000件ほどの経費伝票をチェックしています。また、経理の統制強化を図るため、2017年5月に購買システム伝票を刷新。この新システムに準じて正しく計上されているかどうかのチェックをチーム一丸で取り組んでいます。

仕事観・やりがい

PCスキルと周りからの感謝の言葉を糧に、仕事をもっと面白く

自分の携わった仕事が誰かの役にたった瞬間にやりがいを感じます。アイシン精機は建物が非常に多く、例えば過去5年分の帳票類が必要になった時、いくつもの倉庫を巡らなくてはならないことも。非常に多くの時間と労力を伴いますが、「助かった」という一言で今までの苦労が報われます。
また、自分のPCスキルを生かして仕事を面白く工夫したいと考えています。以前、いくつもの計算工程が必要なエクセル表において、とあるマクロを組んで簡潔なものに変えました。すると、チームメンバーが「魔法みたい!」と絶賛。普段の仕事に追われて、PCスキルを磨く時間がなかなか取れないメンバーのためにも、これからも工夫を重ねてさらなる業務効率アップを図りたいです。

働く環境・社風

マイノリティを感じない、皆が働きやすい風土が整っています

入社当初はノートPCを支給されたのですが、シフトキーを使った入力など、両手での作業がとても大変だったので、デスクトップPCへの交換を依頼したところ、すぐ対応してくれました。おかげで、業務効率も格段にアップ。また、重い荷物を代わりに持ってくれる時など、周囲が自然にふわりとサポートしてくれる雰囲気があるため、障がいのことを気にせず、安心して働けます。
障がい者のほか、外国人や海外勤務経験者、他社からの出向者など、さまざまな人材が集まるアイシン精機。女性社員も多く活躍し、マイノリティを感じることなく、皆が同じステージで働いているという意識が強いです。ダイバーシティーやノーマライゼーションが深く浸透した風土で、誰もが働きやすい会社だと思います。

休日の過ごし方

テニスサークルと友達とのお酒タイムでリフレッシュ

最近はあまり参加できていないのですが、地元のテニスサークルに所属。テニススクールで片手でもできる方法を教えてもらったので、不自由なく楽しめています。会社ではベテランの領域に属していますが、サークルのメンバーは60代が中心。「若い」という言葉のシャワーを受けて、リフレッシュしています。
また、友達との外飲みも大切な時間。自宅でもたしなみますが、気の置けないメンバーといろいろなお店で飲むことが、明日からの仕事への活力にもつながります。

  •   

職場仲間からの応援メッセージ

高い経験値と幅広い視野で、チームを牽引して欲しい

小岩さんは経理の経験値だけでなく、PCスキルも高いため、仕事に安定感があり、とても頼もしい存在です。また、必要事項を自分で調べ抜く力もある人だと思います。法人税の通知があった時もサッと調べ、私に相談しに来てくれたり、チーム内で打ち合わせの時間を作ったりと、我々が見習うべきことも非常に多いです。一方でチームの雑学王として1日1回はメンバーと雑談する小岩さん。その確かな仕事力と気さくな雰囲気によって、ぜひ若いメンバーを引っ張っていって欲しいです。
異なる会社で働いてきた小岩さんには、アイシン精機の内部を客観的にみる力も。疑問に思ったことは堂々と指摘し、何が正しいかを突き詰める強さがあると思います。来年度は一般会計の仕組みを刷新する予定ですが、ぜひ積極的に向き合い、より良いシステムの構築に貢献してください。

高い経験値と幅広い視野で、チームを牽引して欲しい

ソフトウェア開発が初めての人でもできる仕組み作りをめざして

やりたいことに固執せず、広い考えで挑戦を
面接で実感したことですが、「できる、できない」だけではなく、「やる気があるかどうか」も面接官は重視していると思います。自分のやりたいことが決まっていてもそれに固執することなく、違う職種を薦められても、興味があれば挑戦する気持ちが大切。「経験はないですが、やってみたいです!」「勉強したいです!」と前向きな気持ちをアピールしましょう。
配属前に希望と違う職種だとわかったときは、不安いっぱいでしたが、取りあえずやってみようという気持ちから始め、できることから少しずつ作業をさせてくださるので、自ら選択肢を狭めず、自分の可能性を信じて頑張ってください。
茅沼 麻里 さん

茅沼 麻里 さん2016年10月入社/生産・技術関連職

正社員

聴覚障がい

入社動機

仕事と育児の両立への理解の深さと、ノーマライゼーションの理念に惹かれました

以前は神戸で自動車関連の仕事をしていたのですが、結婚を機に名古屋に転居することになりました。その際、前職での転勤が叶わなかったため、転職活動を開始。「子供が産まれても長く働ける環境」「自動車業界でスキルアップ」という条件で会社を探していたところ、アイシン精機に出会いました。初めての地で不安もあったのですが、面接官が面接中にジョークを言って緊張をほぐしてくれたり、選考中にコムセンター(企業展示館)や保育所まで案内してくれたりと、社風を肌で感じることができ、安心感を得ました。面接後もメールでフォローしてくれて、とても心強かったです。
また、1人あたり年間488時間、時短勤務できる制度などのサポート体制も充実。ノーマライゼーションが浸透した、障がい者にとっても働きやすい環境が整った会社だと実感。ぜひ、入社したいと強く思いました。

仕事の内容

ソフトウェア開発プロセス基準やソフトウェア開発に必要なプロセスやガイドラインを整備

前職のソフト開発のプログラミング経験を生かし、現在は設計者がソフト開発を正しい手順でできるようにわかりやすいソフトウェア開発プロセスやガイドラインの整備を実施しています。
社内のWEBツールなどを通じて作業依頼に入るのですが、その際、二度手間にならないよう、事前に依頼者と改善方法を相談。新たに現場に配属された方でも理解しやすいものにするため、「文章の表現がまわりくどくないか」など何度も推敲します。さまざまな方の意見も取り入れながら、皆で一緒に作り上げることを心がけています。

仕事観・やりがい

新たな観点の提案で、精度の高い改訂を

ガイドラインなどの表記が前職と異なり、入社当初は本文を読むどころか用語に大変戸惑いましたが、新たな観点から指摘をすることで、より精度の高い改訂ができると思い、前向きに業務に取り組んでいます。先輩や上司との会議を経て、自分の提案が採用され、わかりやすい表現に修正できた時には、大きなやりがいを感じます。またチームメンバーの改訂方法を学ぶ機会も多く、工夫のし甲斐があります。
まだ就職して日が浅いため、早くアイシン精機のルールに精通し、現場の誰もが理解しやすい改善案を提案できるようになりたいです。

働く環境・社風

自然にサポートしてくれる、とても働きやすい環境です

私以外のメンバーが不在時の、隣チームへの電話対応依頼や、口元の動きを判別するためにマスクを外しての会話など、自然に行ってくれるサポートに居心地の良さを感じます。相手の説明を理解できなかった時も、「私の説明が悪かった」と一言添えてくれることで、自然と私が質問しやすい雰囲気にしてくれます。私の知らないところでチームメンバーの方が仕事環境でのお気付き点を上司に報告し、仕事をしやすい環境を考えてくださったりで、大変有難いです。
また、字幕の業務関連VTRを私のために優先して借りてくれるので、とても有り難く思っています。

休日の過ごし方

珍しいものを発見したり、食べたりとリフレッシュ

ショッピングやグルメ巡り、旅行などでリフレッシュしています。特に地方の名物を探ったり、食べるのが好きで、名古屋グルメなら「味噌煮込みうどん」がお気に入りです。
夫と一緒にスポーツジムへ行くこともあり、スポーツで汗を流すことも大好きです。ボルタリングやバドミントンも再開したいと思っています。
また、転職前に始めていたポーセラーツも好きで、よくオリジナル食器や雑貨を作っていましたが、近いうちにインストラクターコースの受講を再開し、色々なことを学びたいと思っています。

  • 周囲にはサポートしてくれる仲間がいます。周囲にはサポートしてくれる仲間がいます。

職場仲間からの応援メッセージ

メンバーを信頼し、自身のキャリアを積み重ねてください

ソフトウェア開発部門に従事する女性が増えている近年、新たな観点で詳細な部分までチェックしてくれる茅沼さんは貴重な戦力。改訂すべき箇所を発見する能力に長けており、前職での経験も活かしながら、積極的に取り組んでいる姿が印象的です。仕事上や職場環境で困っていることがあれば、どんどん相談してください。協力は惜しみませんので、ぜひ自身のキャリアアップをめざしていって欲しいですね。

メンバーを信頼し、自身のキャリアを積み重ねてください

大好きな自動車の性能を向上させるエンジニアのプロフェッショナルに

やりたい仕事をみつけ、人事と個別で話せる機会を大切に
まずは自分が一番やりたいことを探してください。そうすることで、全力で打ち込めるとともに、失敗しても後悔することなく、最後までやり切ろうと思えるからです。趣味から学べることもたくさんあります。長く働くためにも、やりたいことを実現できる会社をみつけてください。
就職活動は多くの会社に出会えるチャンス。少しでも興味があれば積極的に説明会に参加し、社風を肌で感じてください。特に、人事に個別質問できる時間は貴重です。私もそうでしたが、質問し切れなった時は別の日に開催する説明会に再度参加しても良いと思います。ぜひ、後悔しない就職活動を。
住友 望さん

住友 望さん2009年4月/生産・技術関連職

正社員

下肢障がい

入社動機

設計から評価まで、全ての工程に携われる会社に大きな魅力を感じました

自動車業界で働く父親の影響もあり、学生の頃から自動車が好きで、よく運転をしていました。自動車の本質である“走る、曲がる、止まる”という運動面に興味があり、将来はエンジニアになりたいと考えていました。就職活動では自動車関連の企業を10社ほど受けましたが、さまざまな自動車メーカーと関わることができるアイシン精機に惹かれました。会社独自のテストコースがあり、設計から評価まで一貫して行えることも大きな魅力でした。
就職活動では、会社説明会後に設けられた人事担当者との個別面談の時間を大切にしていました。そこで質問し切れなかった時は、別日程の説明会に再度参加したこともあります。自分のことを覚えて欲しいという願いも込めて、アイシン精機の説明会には7回くらい参加。説明会で接した先輩方からはアットホームで気さくな雰囲気を感じました。面接官からの“一緒に頑張ろう!”という言葉も印象に残っています。また、自宅から会社までの距離が、会社の寮に入ることのできる対象外だったのですが、何とか融通をつけてもらったおかげで、無理なく働き始めることができました。

仕事の内容

低燃費車には不可欠な「電動バキュームポンプ」を設計

入社以来、ずっと走行安全技術部に所属しており、現在は「電動バキュームポンプ」という、ブレーキ部品の設計に従事しています。具体的には、設計に必要な検討事項を熟考して図面を描いた後、部品メーカーに製作してもらいます。次に出来上がった部品が計画した性能の要件を満たしているかを評価。実際にその部品を車に搭載して、音やブレーキの感応具合などを、テスト走行を通じてチェックし、要件を満たしていない部分は改善します。その繰り返しにより、一つの製品を作り上げていきます。
電動バキュームポンプは“低燃費”を確保するために必要な部品。エコカー需要が高まるなか、今後ますます重要視されると思います。そんな社会のニーズの最前線で働けることに誇りを感じています。

仕事観・やりがい

電動バキュームポンプのスペシャリストになりたい

クリーンエネルギー社会が進む近年は、高次元での燃費性能や静粛性能などが求められています。そんななか、“作動音を小さくする”という課題を達成できた時はこの上ない喜びを感じました。最初のうちは闇雲に試して評価していたのですが、期待した結果は出ず、解決のメドがたちませんでした。そこで小さくしたい音を絞り込み、音の発生要因を徹底的に洗い出したうえで一つひとつ丹念に精査し、成功に至ったのです。時間がかかる作業ですが、試行錯誤しながら課題をクリアできたときは、次の仕事へのモチベーションにもなります。
現在の夢は電動バキュームポンプの第一人者になること。まずは、自分が携わった製品を保証できるように、結果だけで判断することなく、検討→評価→改善の設計フローを大切にしていきたいと思います。

働く環境・社風

ハード面・ソフト面ともに、障がいへの配慮が行き届いています

アイシン精機では車椅子用トイレや手すり、スロープといったハード面はもちろん、同僚の配慮や休暇制度などソフト面においても、障がいへの配慮が行き届いています。重いものの運搬など、自分にとって作業が難しいことは上司・同僚問わず、積極的にサポートしてくれます。また、有休取得の推進やフレックスタイム制、一時的に業務を離れる離業届けの導入といった制度も充実。社員一人ひとりの健康を第一に考える社風なので、安心して仕事に邁進することができます。
上司には何でも気軽に話しやすい一方で、厳しく指導してもらっており、成長を感じながら業務に取り組んでいます。同期とはよく一緒にランチを食べながら、仕事の相談からプライベートの話まで、楽しいひとときを過ごしています。

休日の過ごし方

カートレースやドライブ旅行が仕事のモチベーションにも

会社の先輩に誘われたことがきっかけで、モータースポーツが趣味になりました。休日はレーシングカートの練習や大会に参加。レースで優勝した時は最高でした。モータースポーツを通じて人とのつながりの大切さや、やりたいことへの向き合い方を学ぶことができました。このモチベーションを仕事にもつなげていきたいです。
ドライブも好きで、よく車で旅行にも行きます。まさに車漬けの日々ですが、自らハンドルを握ることでリフレッシュしています。

  • 仕事のことからプライベートまで、何でも相談できる環境です。仕事のことからプライベートまで、何でも相談できる環境です。

職場仲間からの応援メッセージ

オンオフを充実させ、次世代のリーダーになって欲しい

住友さんは仕事に対するモチベーションが高く“粘り強く最後までやりとげる力”があります。休日もモータ−スポーツに一生懸命取り組みオンオフともに充実させています。さまざまなことに積極的に挑戦して経験を積み、若手の手本となる次世代のリーダーになってくれることを期待しています。

オンオフを充実させ、次世代のリーダーになって欲しい

この企業に応募する

  • ブックマーク
  • 印刷

h_other

関連サイト
希望職種からさがす
希望業種からさがす
希望勤務地からさがす
障がい内容からさがす

会員登録されていない方、まずは会員登録から!

先頭