(情報・通信・マスコミ/通信)> ソフトバンク株式会社の障がい者求人・雇用情報

ソフトバンク株式会社

企業ロゴ
情報・通信・マスコミ/通信
新卒 2021~2019年卒業予定の方
基本情報
もっと詳しく

企業情報事業内容や、強み・特徴などの情報をご案内

人事メッセージ

〜様々な可能性が広がるソフトバンクで、私たちと一緒に楽しみながら働きませんか?〜

ソフトバンクでは、全ての社員にその能力を生かして活躍してほしいと考えています。
そのため、障がいの有無に関わらず、全ての社員に同じ人事制度を取り入れており、
昇給や昇格、評価の仕組みも同じです。
もちろん、障がいへの配慮は行いますが、仕事の範囲や業務内容などに関しては、
配慮をした上で障がいの無い社員と全く同一です。
国籍、年齢、性別、障がいの有無など、個人のバックグラウンドにとらわれないフラットな環境は、
みなさんの個性や能力を存分に伸ばし、活躍することができます。

事業内容

人々に笑顔と感動と、そして幸せを届け続けたい

img_01情報革命で人々を幸せに

 創業以来、ソフトバンクは様々な発展を遂げてきましたが、
すべては「情報革命で人々を幸せに」という経営理念を実現させるためでした。
 ソフトバンクは今後、ITの総合企業としてさまざまな事業へ参入し、
世界の事業を日本へ、そしてその技術とビジネスを日本から世界へ打ち出していく
「Beyond Carrier, Beyond Japan」の戦略のもと、さらなる進化へ挑戦します。
 ソフトバンクでは年齢・性別・国籍・キャリアに関係なく、
時代の変化をチャンスと捉え挑戦することで、ソフトバンクの未来を創造する人材を求めています。

企業情報の詳細はこちら 新卒採用情報

当社の強み・特徴

情報通信という事業を通して、世界の隅々にまで笑顔を届けたい!

会社の戦略に強み・特徴がある世界の人々から最も必要とされる企業をめざします。事業フィールドに強み・特徴があるITの総合企業としてさまざまな事業へ参入します。
従業員数10000人以上従業員約1万7100名の大きな会社です。歴史が強み、伝統のある会社(設立30年以上)1981年に設立された会社です。

img_06やる気とチャレンジ精神を尊重しています。ミーティングでは若手社員も積極的に発言します。

サーナ編集部おすすめポイント

img_07 

障がいに関係なく安心してチャレンジできる環境です

 1981年に創業したソフトバンク。IT商材流通、インターネットサービス事業・コンテンツ・サービス事業、ブロードバンド・インフラ事業、固定電話通信事業、移動体通信事業と、更なる事業展開を加速的に行っていらっしゃいます。
 今回は、そのソフトバンクグループの中で移動体通信事業を担うソフトバンクで「人財」を募集しています。
 スピード感溢れる事業展開や個性的なアイディアの源は、「夢・志」をともにしている社員がいるからこそであると、生き生きとやりがいに満ちあふれている社員同士の会話から感じ取れました。スタイリッシュで働きやすい職場環境・充実した研修制度だけでなく、やはり「同じ志」をともにしている【同志】という心のつながりが、より一層の会社・仕事への愛着や、働きがいにつながっているのではないでしょうか。安心してチャレンジできる【同志】が集う同社で、皆さんの可能性を試してみてはいかがでしょうか。

社員の成長を後押しする、フラットな社風です!

社内は風通しがよく、また若い社員が多いので活気にあふれています。
上司に対しても、肩書ではなく「さん」付けで呼び合い、
仕事について疑問に思ったことは率直に話し合い、お互いに意見を伝え合うフラットな環境です。
社員が横並びにならず、それぞれの個性を尊重しながら高め合っていく風土があります。
新規事業などの立ち上げの際にメンバーを公募する「ジョブポスティング制度」や、
異動希望の部署に直接チェレンジできる「フリーエージェント制度」もあり、
社員に自己実現の機会を提供し、一人ひとりが夢や目標に向かってキャリアを築いていける環境を整えています。

企業内容

事業内容インターネットを事業基盤とした移動通信事業、固定通信事業、インフラ事業など
設 立1986年12月
本社所在地東京都港区東新橋1-9-1 東京汐留ビルディング
資本金2043億09万円(2018年12月現在)
代表者取締役会長 孫 正義/代表取締役 社長執行役員 兼 CEO 宮内 謙/代表取締役 副社長執行役員 兼 COO 榛葉 淳/代表取締役 副社長執行役員 兼 COO 今井 康之/代表取締役 副社長執行役員 兼 CTO 宮川 潤一
従業員数1万7100名(2018年度)
平均年齢39.3歳
売上高3兆7463億円
事業所本社:東京 各事業所:全国各地(札幌、仙台、名古屋、大阪、広島、福岡 など)
沿革1981.09
(株)日本ソフトバンク(東京都千代田区四番町)設立、パソコン用パッケージソフトの流通事業を開始
1990.07
ソフトバンク(株)に社名(商号)を変更
1994.07
当社株式を日本証券業協会に登録
1996.01
米Yahoo! Inc.との共同出資によりヤフーを設立
1998.01
当社株式を東京証券取引所市場第1部へ上場
2001.09
ブロードバンド総合サービス「Yahoo! BB」の商用サービスを開始
2004.07
日本テレコム(現ソフトバンクテレコム)の株式を取得して子会社化。これにより固定通信事業に参入
2005.01
福岡ダイエーホークス(現福岡ソフトバンクホークス)の株式を取得して子会社化
2006.04
ボーダフォン日本法人(現ソフトバンクモバイル)の株式を公開買い付けなどにより取得して子会社化。これにより移動体通信事業に参入
2006.10
ボーダフォン日本法人がソフトバンクモバイルに、日本テレコムがソフトバンクテレコムに社名(商号)を変更
2008.07
ソフトバンクモバイルが、iPhone 3Gを発売
2011.10
自然エネルギーの普及・拡大を目的としたSBエナジーを設立
2012.07
ソフトバンクモバイルが900MHz帯(プラチナバンド)を使用した通信サービスの提供を開始
2012.10
米国Sprint Nextel Corporation(現 Sprint Corporation)の戦略的買収に合意
2013.01
ソフトバンクとイー・アクセス(現ワイモバイル)の株式交換が完了し、子会社化
2013.07
ウィルコム(現ワイモバイル)の会社更生手続終結に伴い、子会社化
2014.01
米国Brightstar Corp.の株式を取得して子会社化
2014.04
ソフトバンクBBのコマース&サービス事業を分社化し、ソフトバンク コマース&サービスを設立
2014.06
イー・アクセスがウィルコムを吸収合併
ソフトバンクモバイルとALDEBARAN Robotics SASが世界初の感情認識パーソナルロボット「Pepper」を発表
2014.07
イー・アクセスがワイモバイルに社名(商号)を変更
2015.04
ソフトバンクBB、ソフトバンクテレコム、ワイモバイルがソフトバンクモバイルと合併
2016.01
電力サービス「ソフトバンクでんき」の提供を発表

この企業に応募する

  • ブックマーク
  • 印刷

h_other

関連サイト
希望職種からさがす
希望業種からさがす
希望勤務地からさがす
障がい内容からさがす

会員登録されていない方、まずは会員登録から!

先頭

ページの先頭へ