(メーカー/電気・電子・精密機器)> パナソニック株式会社の障がい者求人・雇用情報

パナソニック株式会社

企業ロゴ
メーカー/電気・電子・精密機器
新卒 2022年卒業予定の方  中途 2021年以前卒業の方

求める人材像と社風職場の雰囲気や求める人材像をご紹介

【一人ひとりの物語に、一人ひとりのパナソニック】

一人ひとりが、それぞれのくらしの中で笑い、泣き、それぞれの夢を追いかけています。人の数だけ幸せのカタチがある。
パナソニックはそのすべてに応えていくため、少しづつ事業領域を広げてきました。最初は「あかり」をつくり、「家電製品」をつくり、「住宅」をつくり、「次世代エネルギー」をつくり、今では「クルマの自動運転機能」や「未来をつくる街づくり」にまで貢献しています。
私たちのくらしのすべてが事業領域です。一人ひとりの個性、知識、経験、想いを思う存分発揮し、力を合わせてカタチにしていきませんか!

img_08リクルート&キャリアクリエイトセンター  
 

仕事のフィールド

事業を通じて社会に貢献

当社はこの共通の理念のもと、全ての社員が想いを一つに事業を進めています。PanasonicのDNAと言える家電を中心に、近年は住宅・車載、そして業界別にソリューションを提供するBtoBを今後の成長領域と捉え、日本国内のみならず、欧米、東南アジア・インド・アフリカ等の戦略地域において、積極的な投資と商品・サービスの展開を進めています。グローバル企業として、当社理念をわかりやすいメッセージとして表したのが “A better life, A better world”。常に人を中心に置き、人の生活に寄り添い世界中のお客様のより良いくらしと社会を創造する、という想いを込めています。

求める人材像

仕事を通じて一人ひとりが飽くなき成長

当社のスピリッツを体現する言葉を三つ紹介します。
1.「日に新た」:つまりイノベーションの実現。当社はイノベーションを徹底して追求する会社です。
2.「衆知経営」:平易な言葉でいうとチームワーク。パナソニックの競争力は強烈なチームワークから生まれます。
3.「社員稼業」:社員一人ひとりがビジネスオーナーであり、しっかり結果を出すということです。
当社は2018年に創業100年を迎えましたが、こうした組織のメンタリティを先輩から後輩にしっかり伝承しながら、仕事を通じて一人ひとりが飽くなき挑戦を続け、そして社員の成長がさらにお客様からの信頼を高めていく、そういう経営の姿をめざしてきました。

働く環境

新たな価値創造に挑戦する従業員の育成

パナソニックでは、世界の全事業場で経営理念を理解し、時代の変化に積極的に対応しながら新たな価値創造に挑戦する従業員の育成をめざしています。
育成や配置にあたっては、従業員1人ひとりの個性や能力など、多様性を尊重して個々が自己実現できるよう、教育訓練とキャリア形成のための体系を整備しているほか、職場の安全衛生の向上に努めています。
また、働きやすい環境づくりも推進しています。設備や制度面での配慮については可能な限り環境整備を進めています。サポートの必要な設備の変更など、できる限りの対応を行います。

社風

挑戦し変わり続ける

ビジネスの世界を取り巻く環境変化の速さは凄まじいものがあります。そして長い歴史を有する当社だからこそ、変わり続けなければ生き残ることはできません。では会社を変えるものは何でしょうか。それはいうまでもなく人です。
人の新しいアイデア、発想、行動が組織を変えるのです。今までの社風の強みにいわば柔軟性としなやかさを加え、多様なタイプの人材が集う会社に変わらなければならないと考えています。そのためにダイバーシティや働き方改革も進めていきます。 Panasonicは、今まさに次の100年のスタートを切る変革の旅に乗り出そうとしており、若い感性・情報と熱意、イノベーションな発想を必要としています。
是非、変わろうとしているPanasonicで、思う存分に皆さんの可能性を活かしてみませんか。 お会いできることを楽しみにしています。

この企業に応募する

  • ブックマーク
  • 印刷

h_other

関連サイト
希望職種からさがす
希望業種からさがす
希望勤務地からさがす
障がい内容からさがす

会員登録されていない方、まずは会員登録から!

先頭

ページの先頭へ