(メーカー/機械・輸送機器・電気・電子)> 三菱重工業株式会社の障がい者求人・雇用情報

三菱重工業株式会社

企業ロゴ
メーカー/機械・輸送機器・電気・電子
新卒 2017〜2014年卒業予定の方  中途 2013年以前卒業の方
  • ブックマーク
  • 印刷
  • この企業に応募する
基本情報
もっと詳しく

企業情報事業内容や、強み・特徴などの情報をご案内

事業内容

1世紀以上にわたって日本の重工業をけん引

img_01火力発電プラント用G形ガスタービン

三菱重工は1884年の創立から1世紀以上にわたり日本の重工業をリードし、世界有数の総合機械メーカーとして、最新の技術で人々の生活を支える製品を提供してきました。現在700種以上の製品を展開し、人や物の輸送を支える船舶・飛行機・交通システム、発電プラント、各種産業機械、風力発電や環境装置、宇宙への可能性を広げるロケットなど、国内はもとより世界各地の産業や生活を広く支えています。
世界的視野に立った技術革新と、国際社会における調和をめざした事業展開を行い、つねに未来をみつめ、未知なる領域を開拓していく三菱重工。活躍の舞台は無限に広がろうとしています。

企業情報の詳細はこちら 新卒採用情報 中途採用情報

当社の強み・特徴

700種類以上の幅広い製品群をもつ世界有数の機械メーカーです

事業フィールドに強み・特徴がある700種類以上の製品群をもちます。技術力・開発力に強み・特徴があるエネルギー、環境、航空宇宙等で先端技術。
上場/公開企業東京証券取引所一部上場企業従業員数10,000名以上3万人以上の従業員がおり、全国各地で障がい者の方が活躍しています。

img_06豪華客船ダイヤモンドプリンセス

サーナ編集部おすすめポイント

img_07

国産民間旅客機MRJ(完成予想図)

船舶や飛行機、ロケット、新交通システムなどの輸送機器から、発電プラント、空調機器に至るまで700種類以上の製品を社会に提供することで社会を支え続けている三菱重工業。
そんな同社の製品の大きさにも驚かされましたが、印象的だったのは、同社の社員の方の温かさ、大きさ。一つのプロジェクトで社会に与える影響、またプロジェクトにかかる金額が大きい分、同社にはスケールの大きな仕事をやりがいとしている社員の方がたくさんいます。社会に影響を与える大きな仕事だからこそ事務系社員もエンジニアも現場でものづくりをする人たちも、一つの仕事にかかわる人々が一丸となって目標に進んでいくことが大切になります。そんなチームワークを大切にする社風から、ものづくり企業特有の温かさ、人としての器の大きさを感じました。
同社の陸・海・空から宇宙まで広がる事業領域、製品数の多さから働くフィールドも多岐にわたります。職種、雇用形態も幅広く、勤務地も選ぶことができるため希望する全国の事業所で面談の際にじっくり話を伺いどの部署、職種がベストなのか一緒に考えていくという採用方法をとっており自分にあった働き方ができるようです。

三菱重工で活躍する先輩を紹介します

●アビリンピック全国大会に4年連続で出場
H・Mさん(障がい:聴覚)H19入社
長崎造船所[総務部安全衛生課]
「入社2年めのときに職場の皆さんに勧められて、アビリンピックのワープロ部門に参加しました。それからは4年連続して県大会で金賞をとり、全国大会へも出場。いろいろな人たちと関わる中でコミュニケーションもスムーズになり、社内で手話を覚えてくれる人も増えて嬉しく思います。そんな経験も、職場の皆さんの協力のおかげです。

●社内システムの開発・運用で、社内の業務効率化・整流化に取り組む
U・Sさん(障がい:下肢)H17入社
高砂製作所[IT推進部]
「私の仕事は、社内のシステムを開発することです。ユーザー(社員)のニーズをききだし、システムの仕様を確定し、システム開発を行います。ユーザーも所内全体にわたるので、さまざまな意見をもつ方と仕事ができ、毎日刺激を受けながら仕事をしています。私自身下肢に障がいがあり、車いすでの勤務になりますが、周りの方の協力もあり、障がいのことについては、とくに気にしなくて良いバリアフリーな職場です。」

企業内容

事業内容船舶、発電プラント、環境装置、産業用機械、航空・宇宙機器、エアコンなどの製造・販売・エンジニアリング
創 業1884年7月
設 立1950年1月
本社所在地東京都港区港南2-16-5
資本金2656億円(2014年3月現在)
代表者取締役社長 宮永 俊一
従業員数2万2147名(2014年3月31日現在)
売上高3兆3495億円(2013年度連結)
事業所本社:東京 8支社・営業所 生産拠点:14カ所(長崎、神戸、下関、広島、横浜、高砂、相模原、名古屋、三原、滋賀など) 6研究所、13海外事務所
取扱商品/品目船舶、鉄道車両、航空・宇宙機器、エネルギー機器、各種産業用・一般機械、環境機器他
沿革三菱の創業者岩崎彌太郎は1884年(明治17年)政府より工部省長崎造船局を借り受け、後に社名を三菱重工業株式会社に変えました。
第2次大戦後3社に分割されましたが、1964年(昭和39年)に合併し、重厚長大産業のリーディングカンパニーとして、現在に至ります。

この企業に応募する

  • ブックマーク
  • 印刷

h_other

関連サイト
希望職種からさがす
希望業種からさがす
希望勤務地からさがす
障がい内容からさがす

会員登録されていない方、まずは会員登録から!

先頭