(サービス/事務処理サービス)> 株式会社博報堂DYアイ・オーの障がい者求人・雇用情報

株式会社博報堂DYアイ・オー

企業ロゴ
サービス/事務処理サービス
新卒 2019年卒業予定の方  中途 2017年以前卒業の方
基本情報
もっと詳しく

OB/OG仕事情報先輩社員のインタビュー情報をご紹介


社長の講演から、働きやすい会社であることを直感! 仕事と、プライベートの両面で充実した日々を送っています

本当は何がやりたいのか? しっかり、考え直すことから始めましょう!
どの会社に入るか? どんな仕事をするのか? を考える前に、まず、自分は本当のところ何をやりたいのか? について、突き詰めてみることが大切だと思います。こうして、会社を絞り込むことができれば、次は、自分に合った会社なのか? という観点から、その会社を検討してみることが大切です。せっかく入る会社なので、やはり末永く、自分の価値観にあった環境がある会社を選ぶべきだと思います。
私自身の就職活動をふり返ってみても、決して、面接で上手に自分を表現することができていたとは思えません。しかし、なぜその会社に入りたいのか? どうしてその仕事がしたいのか? ということについては、しっかり伝えられるように準備しておくべきだと思います。
小松 千恵子

小松 千恵子2015年4月入社/事務関連職

正社員

聴覚障がい

入社動機

社長の言葉から、自分を変えていける環境があると確信しました

就職活動では、博報堂DYアイ・オー以外にも多くの企業について検討していました。当社の存在を知ったのは、当時の社長が母校で講演を行ってくださったからです。そのお話から、文章力・コミュニケーション力をつけていくことの大切さについて、改めて再認識しました。また、当社では障がい者と健常者が、本当の意味で“協働”していくことをめざしていると知り、強く惹かれるものを感じました。そのほかにも、いろいろなことについて熱く語る社長の姿を見て「この会社に入れば、私も変わることができる」という、確信を持つことができました。
そこでさっそく、進路担当の先生に「是非とも、博報堂DYアイ・オーに入りたい」とお伝えし、選考を受けてみることになったわけです。

仕事の内容

精度、確実さが要求される、伝票チェックの仕事に取り組んでいます

親会社の経理伝票をいただき、そのチェックおよび訂正、検印、ファイリング等の業務に携わっています。入社以来、ずっとこの仕事を担当してきました。経理業務については、学生時代、簿記の勉強を通してある程度の知識はありました。また、資格も取っていたので、仕事がどのような意味を持つのかということは理解していました。でも、実際にやってみると奥深い仕事であり、3年近くになりますが、まだ、完全に仕事をマスターしているとは思えません。例えば、金額の数字についてもしっかり確認するように意識していますが、時には、間違いを指摘することができないこともあります。それだけに、一つひとつの仕事を、着実にこなしていくように努めています。何かあったら、得意先からの信頼を失うことにもなりかねませんから、常に強い責任を感じながら取り組んでいます。

仕事観・やりがい

周囲と協働して、1つの仕事をやり遂げた時にやりがいを実感

3月、6月、9月、12月という、四半期ごとの決算期になると仕事量が一気に増えます。この時期、月末になると処理しなければならない伝票の量は、通常時の3倍にも膨れあがります。当然、タイトなスケジュールの中で、仕事をこなしていかなければなりません。
当然、みんなで仕事を分け合って取り組むわけですが、手話でコミュニケーションを取りながら、効率よく仕事を終わらせることができた時には達成感があります。
また、どうしても電話をかけなければならない時には同僚に頼んだり、文章を書くことが苦手なので推敲してもらったりもしています。こうして、周囲の人達と連携し合いながら仕事を進めていくこと自体に、私なりのやりがいを感じています。

働く環境・社風

社内のコミュニケーションが、しっかり取れている会社です

入社前から、オフィスで働く人たちの姿から、高い集中力のオーラを感じていました。一人ひとりが持てる能力のすべてをかたむけて仕事に取り組んでいる。それが、私のこの会社に対する第一印象でした。でも、3年近く働いてみて一番強く感じていることは、内部のコミュニケーションが、とても上手く取れている会社だと言うことです。例えば、私のような聴覚障がい者と他の社員が、手話を使ってしっかり情報共有しながら、1つの仕事を進めています。チームワークで仕事に取り組んでいます。

休日の過ごし方

旅行が大好きで、世界中のいろいろな国を訪れてきました

趣味はいくつかありますが、特に力を入れているのは旅行です。いろいろな世界を経験するのが好きで、会社に入ってからもさまざまな国を訪れました。特に好きな場所は、開放的な雰囲気があるハワイです。このほかにもタイ、中国、香港、台湾、シンガポール、韓国などを訪れたことがあります。
また、近場では、カフェで提供されている、ユニークな食べ物を調べて出かけていきます。また、お肉も好きなので、友人を誘って食べに行くことが多いですね。

  • 小さな数字の欠落、間違いを洗い出すため、細心の注意を払いながら作業を進めています。小さな数字の欠落、間違いを洗い出すため、細心の注意を払いながら作業を進めています。
  • 社内のあちらこちらで、手話を使ってコミュニケーションを取り合っている社員の姿が確認できます。社内のあちらこちらで、手話を使ってコミュニケーションを取り合っている社員の姿が確認できます。
  • 聴覚障がい者用に、オフィス入口には光で来客の到着を知らせるボタンが用意されています。聴覚障がい者用に、オフィス入口には光で来客の到着を知らせるボタンが用意されています。

職場仲間からの応援メッセージ

自分にとって理想の会社で働く、それが今の私です

「働きたい」と思える会社と出会ってください
自分が会社を選ぶにあたって何が重要か、今一度考えてみることがポイントです。仕事内容も大切ですが、私の場合は会社の社風や考え方、そして働く社員の雰囲気の方がより重視すべきポイントでした。今の会社と出会い、それに気がつくことができました。
就職活動をしていると、周囲の友人から内定の話を聞くたびに、焦りが生まれるかもしれません。私の場合も内定が出るのが周囲より遅かったため、少なからず焦りもありました。でも、とにかく諦めず、相談できる人にはどんどん相談して、軸を持って会社を探してほしいと思います。きっと、「働きたい会社」と出会えると思います。
浦田 洋介 さん

浦田 洋介 さん2018年4月新卒入社/事務関連職

正社員

そしゃく障がい

入社動機

ここにしか入りたくないと強く想いました!

就職活動を始めた当初は、大学で動物行動学について学んできたこともあり、それを生かせる仕事に就きたいと考えていました。そんな時、サーナのポスターをみて、障がい者に特化した活動の仕方があることを知りました。早速ウェブ・サーナをみて、博報堂DYアイ・オーに強い興味を感じました。学んできた学問とは業務内容的にあまり関係ありませんでしたが、HPに掲載されていた社員インタビューの記事などをみて、とても生き生きと働いていると感じたからです。早速サーナ就職フェスタでブースを訪問し、選考を受けに行きました。
面接時に本社へ訪問した際、社内の様子を垣間見ると、HPやフェスタで感じた以上に、誰もが障がいの有無に関係なく「キラキラ」しながら働いていると感じました。「もう、ここにしか入りたくない」と強く想い、その気持ちをぶつけた結果、内定をいただけた時は本当に嬉しかったです。

仕事の内容

債権に関する業務を担当しています

現在は業務1部経理3課という部署に配属され、債権の業務をしています。経理関連業務はチームで業務を分担して行います。主に私が担当しているのは、請求書の件名をグループ会社独自のシステムを用いてPC入力し、請求書として発行する業務です。最初はわからないことばかりでしたが、現在はある程度仕事を任せていただけるようになってきました。今後は簿記など、経理関連業務に役立つ資格を取得しつつ、業務の幅を広げていきたいと考えています。

仕事観・やりがい

正確性とスピードの両方を問われます

お金に直結する仕事ですから、誤入力等は許されません。そのため、入力する際には細心の注意が必要となります。一つの入力ミスが大損失につながる可能性もあります。
また、月末や決算時期などは業務量が増えるため、正確性に加えてスピードも問われます。そうした繁忙時に正確かつ迅速に業務を遂行できた時は、やはり達成感を感じます。できる範囲の業務が増え、忙しくなってくるほど、そこにはやりがいが生まれてくるように思います。

働く環境・社風

相談のしやすい雰囲気のため、早く業務を覚えることができます

入社前に感じた通り、皆が生き生きと、前向きに業務に取り組んでいる会社です。4月に新卒として入社したばかりのため、わからないことはもちろん多々あります。でも先輩が優しく丁寧に教えてくれるので、一つひとつ知識を増やしていくことができています。
また、私の場合は障がいによって言葉が不明瞭なため、電話応対については周囲がカバーしてくれています。ミーティング時には何も求めなくても筆談で対応してくれるなど、何気ない配慮や気遣いがあります。
普段の仕事に関しては誰もが集中して進行していますが、周囲と相談するなどコミュニケーションを取る機会も多くあり、活気のある職場です。

休日の過ごし方

趣味と自己啓発に時間を使っています

社内に野球部があり、会社帰りに練習をしたり、グループ会社の野球部と試合を行ったりしています。また、業務の幅を広げるための資格取得や、人とのコミュニケーションを円滑にするために手話を覚えるなど、自己啓発にも時間を使っています。社員のワークライフバランス実現にも会社が積極的なため、気分転換と自己成長の双方を叶えられる環境です。

職場仲間からの応援メッセージ

期待しています

浦田さんが入社してくれて、本当に良かったと感じています。仕事に対して常に真面目に、前向きに取り組んでくれるため、信頼して業務を任せることができます。覚えるのも早いため、業務の幅もどんどん広がっています。また、積極的に手話を使って聴覚障がいの社員と対話するなど、周囲とのコミュニケーションもとっているようで、さらなる成長を期待しています。

期待しています

ステップアップできる会社と出会うことができました

やりがいを感じる会社と出会ってください!
就職活動をするにあたって、自分が会社に求める条件を3つ、挙げてみてください。そして、その中に優先順位をつけてください。3つすべてをクリアする会社と出会うことは難しいかもしれませんが、全体に譲れないものが1つだけ、決まると思います。それが、会社選びの軸になります。その軸に沿って会社を探せば、きっと自分にとって居心地の良い、やりがいを感じる会社と出会えると思います。当社は、一人ひとりの個性を考え、その方に合った配慮を一緒に考えてくれる会社です。そして、誰もが能力を発揮できるように環境を整えてくれます。だから、誰もが生き生きと、やりがいをもって勤務しているのだと思います。手話通訳者や月に1度のメンター面談、キャリア相談、フォローアップ面談など、入社後の支援体制も整っています。困りごとを相談しやすいから早期に解決でき、それが社員を成長させてくれるのだと思います。
諏訪 翔太 さん

諏訪 翔太 さん2018年3月中途入社/事務関連職

正社員

聴覚障がい

入社動機

誰にでも平等にチャンスが与えられる会社だと思いました

転職活動中、知人から良い会社だと教えてもらったのが、当社を知ったきっかけでした。早速HPなどを調べると、障がい者にとって働きやすい環境が行き届いた「特例子会社」というものであることを初めて知りました。その後面接時に手話通訳の方が同席されていたり、面接官の中に聴覚障がいの方がいたりと、これまで働いてきた会社ではなかったことばかりで、とても驚きました。
私は障がいの有無に関係なく活躍できる会社、昇格などのチャンスが平等にある会社で働きたいと常々考えていました。当社でならそれが実現できると感じ、入社したいと思いました。

仕事の内容

博報堂DYホールディングスの発注書の発行を担当しています

現在は発注統括課の所属です。グループ各社から協力会社への制作業務発注の際に必要な見積書・請求書・契約書などの内容を確認し、発注書を発行しています。不備があった場合には担当者とメールでやり取りし、修正していただきます。その他の業務としては検収、各種データ集計、レポート作成などがあります。毎月20日と月末の締めが忙しく、特に決算月はピークに達します。
臨機応変の対応が求められることも多くありますが、難しい中にも楽しさとやりがいを感じています。

仕事観・やりがい

困難なことにこそ、やりがいを感じます

書類に不備があり、その問題点を連絡する際に、文章だけだと正確にはなかなか伝わりません。それをどうすればうまく伝わるか、考えるところにこの業務の難しさがあります。しかし難しい分、手話や筆談を交えながら相手としっかりコミュニケーションを取り、最良の形で問題を解決できた時には、やりがいを感じます。特に、そうして問題を一つひとつ解決していき、繁忙期を乗り切った時には働く喜びや達成感を味わうことができます。

働く環境・社風

働きやすさを実感する毎日です

当社の特徴の一つとして、非常に気さくでフレンドリーな方が多いことが挙げられます。役職に関係なく、社長まで話しかけやすい雰囲気です。かといって、メリハリがなかったり、業務に緊張感がないわけではありません。堅すぎず、柔らかすぎず、そんな環境の中、仕事のやりやすさを感じています。
また、周囲に気配りができる方が多いのも特徴です。強制ではなく、聴覚障がいの方以外も積極的に手話を覚えようとしてくれるので、円滑にコミュニケーションが図れます。相手に直接連絡したいと思った時などは、周囲の仲間がお願いする前に「私が電話しようか?」と聞いてくれます。面接時に社内を見た際、聴覚障がいの社員とそうでない社員が手話で対話しているのをみて驚きましたが、入社後、実際に私に対しても周囲がそのように積極的にコミュニケーションを図ってくれるので、助かっています。

休日の過ごし方

イベントを企画し、運営しています

休日は、字幕付き映画の自主制作や、手話を使った演劇を開催するなど、聴覚障がいの方々も楽しめるようなイベントを企画し運営しています。
他には、好きな特撮ヒーローのDVDを観たり、部屋の模様替えをしたりしています。

職場仲間からの応援メッセージ

将来は会社を支える存在になってほしい

諏訪さんは積極的にチームのメンバーに手話を教えるなど、自分が中心となって誰もがコミュニケーションを取りやすい環境づくりに取り組んでいます。
持ち前の素直さと探究心ですぐに業務でもチームの即戦力となり、様々なことに率先して行動してくれるので、チーム全体にもまとまりが出てきました。
入社の時「管理職をめざしたい」と公言してくれていましたが、まさに将来は管理職として会社を引っ張る存在になってほしいと思います。そのためにも、さまざまな部署、さまざまな仕事を経験してほしいですね。

将来は会社を支える存在になってほしい

この企業に応募する

  • ブックマーク
  • 印刷

h_other

関連サイト
希望職種からさがす
希望業種からさがす
希望勤務地からさがす
障がい内容からさがす

会員登録されていない方、まずは会員登録から!

先頭