(サービス/事務処理サービス)> 株式会社博報堂DYアイ・オーの障がい者求人・雇用情報

株式会社博報堂DYアイ・オー

企業ロゴ
サービス/事務処理サービス
新卒 2018年卒業予定の方  中途 2017年以前卒業の方
  • ブックマーク
  • 印刷
  • この企業に応募する
基本情報
もっと詳しく

OB/OG仕事情報先輩社員のインタビュー情報をご紹介


社長の講演から、働きやすい会社であることを直感! 仕事と、プライベートの両面で充実した日々を送っています

本当は何がやりたいのか? しっかり、考え直すことから始めましょう!
どの会社に入るか? どんな仕事をするのか? を考える前に、まず、自分は本当のところ何をやりたいのか? について、突き詰めてみることが大切だと思います。こうして、会社を絞り込むことができれば、次は、自分に合った会社なのか? という観点から、その会社を検討してみることが大切です。せっかく入る会社なので、やはり末永く、自分の価値観にあった環境がある会社を選ぶべきだと思います。
私自身の就職活動をふり返ってみても、決して、面接で上手に自分を表現することができていたとは思えません。しかし、なぜその会社に入りたいのか? どうしてその仕事がしたいのか? ということについては、しっかり伝えられるように準備しておくべきだと思います。
小松 千恵子

小松 千恵子2015年4月入社/事務関連職

正社員

聴覚障がい

入社動機

社長の言葉から、自分を変えていける環境があると確信しました

就職活動では、博報堂DYアイ・オー以外にも多くの企業について検討していました。当社の存在を知ったのは、田沼社長が母校で講演を行ってくださったからです。そのお話から、文章力・コミュニケーション力をつけていくことの大切さについて、改めて再認識しました。また、当社では障がい者と健常者が、本当の意味で“協働”していくことをめざしていると知り、強く惹かれるものを感じました。そのほかにも、いろいろなことについて熱く語る社長の姿を見て「この会社に入れば、私も変わることができる」という、確信を持つことができました。
そこでさっそく、進路担当の先生に「是非とも、博報堂DYアイ・オーに入りたい」とお伝えし、選考を受けてみることになったわけです。

仕事の内容

精度、確実さが要求される、伝票チェックの仕事に取り組んでいます

親会社の経理伝票をいただき、そのチェックおよび訂正、検印、ファイリング等の業務に携わっています。入社以来、ずっとこの仕事を担当してきました。経理業務については、学生時代、簿記の勉強を通してある程度の知識はありました。また、資格も取っていたので、仕事がどのような意味を持つのかということは理解していました。でも、実際にやってみると奥深い仕事であり、3年近くになりますが、まだ、完全に仕事をマスターしているとは思えません。例えば、金額の数字についてもしっかり確認するように意識していますが、時には、間違いを指摘することができないこともあります。それだけに、一つひとつの仕事を、着実にこなしていくように努めています。何かあったら、得意先からの信頼を失うことにもなりかねませんから、常に強い責任を感じながら取り組んでいます。

仕事観・やりがい

周囲と協働して、1つの仕事をやり遂げた時にやりがいを実感

3月、6月、9月、12月という、四半期ごとの決算期になると仕事量が一気に増えます。この時期、月末になると処理しなければならない伝票の量は、通常時の3倍にも膨れあがります。当然、タイトなスケジュールの中で、仕事をこなしていかなければなりません。
当然、みんなで仕事を分け合って取り組むわけですが、手話でコミュニケーションを取りながら、効率よく仕事を終わらせることができた時には達成感があります。
また、どうしても電話をかけなければならない時には同僚に頼んだり、文章を書くことが苦手なので推敲してもらったりもしています。こうして、周囲の人達と連携し合いながら仕事を進めていくこと自体に、私なりのやりがいを感じています。

働く環境・社風

社内のコミュニケーションが、しっかり取れている会社です

入社前から、オフィスで働く人たちの姿から、高い集中力のオーラを感じていました。一人ひとりが持てる能力のすべてをかたむけて仕事に取り組んでいる。それが、私のこの会社に対する第一印象でした。でも、3年近く働いてみて一番強く感じていることは、内部のコミュニケーションが、とても上手く取れている会社だと言うことです。例えば、私のような聴覚障がい者と他の社員が、手話を使ってしっかり情報共有しながら、1つの仕事を進めています。チームワークで仕事に取り組んでいます。

休日の過ごし方

旅行が大好きで、世界中のいろいろな国を訪れてきました

趣味はいくつかありますが、特に力を入れているのは旅行です。いろいろな世界を経験するのが好きで、会社に入ってからもさまざまな国を訪れました。特に好きな場所は、開放的な雰囲気があるハワイです。このほかにもタイ、中国、香港、台湾、シンガポール、韓国などを訪れたことがあります。
また、近場では、カフェで提供されている、ユニークな食べ物を調べて出かけていきます。また、お肉も好きなので、友人を誘って食べに行くことが多いですね。

  • 小さな数字の欠落、間違いを洗い出すため、細心の注意を払いながら作業を進めています。小さな数字の欠落、間違いを洗い出すため、細心の注意を払いながら作業を進めています。
  • 社内のあちらこちらで、手話を使ってコミュニケーションを取り合っている社員の姿が確認できます。社内のあちらこちらで、手話を使ってコミュニケーションを取り合っている社員の姿が確認できます。
  • 聴覚障がい者用に、オフィス入口には光で来客の到着を知らせるボタンが用意されています。聴覚障がい者用に、オフィス入口には光で来客の到着を知らせるボタンが用意されています。

職場仲間からの応援メッセージ

仕事とプライベートに真っ向から取り組むことで、ハリのある毎日を送っています

社会に出て、是非、自分の成長を確認する喜びを感じて欲しいと思います
社会に出て働けば、友達関係のみならずいろいろな立場の人とおつきあいすることになります。こうした、人とふれ合う経験が自己成長を促してくれますし、仕事をしているんだという意識が自信につながります。現在、就職活動に取り組んでいる方にも、積極的に社会と関わっていく意識を持っていただきたいですね。
そして、難しいと思える会社でもチャレンジしてみることが、大切だと思います。じつは、当社を受けた時、かなり高い競争率で「自分が採用してもらえるのかな?」と、不安になったこともありました。しかし、諦めずに選考に臨んだからこそ、今があるのだと思います。最後までがんばってください!
田邨 友子

田邨 友子2014年4月入社/事務関連職

正社員

内部障がい

入社動機

希望した条件をすべて満たしてくれる会社でした

以前まで営業事務として働いていたので、PCを使ったデスクワークに就きたいと考え、巡り会ったのが当社でした。オフィスにおけるデスクワークで、しかも正社員として雇用してくれる、当社は私の希望をすべて満たしてくれる企業だったわけです。
また、豊洲という勤務地も、私にとって大きな魅力でした。

仕事の内容

アンケート等のデータ集計、名刺作成等のデスクワークが業務の中心です

私が所属するデータ・名刺グループというセクションでは、その名のとおりアンケート等のデータ集計や博報堂グループの社員が使用する名刺の作成を担当しています。グループ会社では、マーケティング調査や社員研修を行った際など、さまざまなアンケート活動を行っています。こうして集められたデータを入力し、その後の集計・分析ができる形にする業務です。
また、名刺の作成も重要な仕事の1つです。特に異動や昇格がある3月が繁忙期となってきます。作成にあたっては画像編集ソフトを使用するのですが、少しずつ使いこなせるようになっていくところに、ちょっとした面白さを感じています。現在は、こうしたデスクワークがほとんどですが、今後はさらに経験を積み、外部の人との打ち合わせ等にも積極的に出ていきたいと考えています。

仕事観・やりがい

仕事を通して“誰かの役に立っている”という実感が、やりがいの源となっています

どんな仕事であれ、素早く、正確な対応ができた時に喜びを感じています。例えば名刺作成。突然「3日後までに名刺が欲しい」といった依頼が飛び込んでくることもあるのですが、そうした時も、細かな誤字脱字を看過することなく、定められ期日までに納品することができた時は、依頼していただいた方の役に立つことができて良かったなと思えます。
これからの目標は、デジタル機器やソフトウェアの操作について、さらに知識の幅を広げていくことです。特に、社内で使用されているグループウェアの使い方についてはもっと熟知して、効率よく仕事が進められるようになりたいと思います。

働く環境・社風

ざっくばらんに、何でも話し合える社風が浸透しています

性別や障がいの有無に関係なく、がんばればそれだけ評価として返ってくるので、誰もがやりがいを感じられる環境です。
また、自分の意見をはっきりと表現し、主体的に会社や仕事と関わっていこうとする方が多いのも特徴です。相談したり、意見を言ったりなどが上司、先輩、同僚など関係なくしやすいため、内側にためることもなく、何でも積極的に発信できます。

休日の過ごし方

パン・ケーキ作り、フラダンスに加え社内サークルの幹事も務めています

趣味はパン作り、お菓子づくり、そしてフラダンスです。日曜日はフラダンスを楽しみます。平日の会社帰りはパン教室を訪れることが多いですね。
また、社内で私が中心となり「大人の週末部」という、サークルを立ち上げました。これは、1カ月に1カ所、気になる都内の名店を訪れようという趣旨の集まりです。飲み会ではありませんので、お酒の飲めない人も気軽に、美味しい料理が楽しめる会となっています。最近は、社長や役員の方々も参加してくださるようになりました。「タテ・ヨコ・ナナメにみんなで繋がる」というキャッチフレーズを掲げて、社内のいろいろな人と交流を広げる良い機会になっています。

  • ミスのないよう注意深く業務を進めます。ミスのないよう注意深く業務を進めます。
  • 人事の方は、何でも話せる「よき相談相手」です。人事の方は、何でも話せる「よき相談相手」です。

職場仲間からの応援メッセージ

不安だったキャリアチェンジ。でも、細かな配慮が行き届いた環境のもと、自然に慣れていくことができました

臆せず、何にでもチャレンジしていく姿勢が大切だと思います
これから未知の仕事に挑戦する人に対して、特にお伝えしたいのですが、難しく考えずチャレンジしてみることが大事だと思います。私はこれまで、工事現場の仕事しか経験したことがなく、当初、自分に事務仕事ができるか、不安を感じたこともありました。でも、実際にやってみると、少しずつ業務を覚えていくことができました。
わからないことは、その都度、勉強すれば良いのですから、自分で可能性を限定することなく挑戦してみるべきだと思います。私もまた、経理の経験は全くないにも関わらず、この仕事に取り組み続けてきました。「できる・できない」と悩むよりも、「まずはやってみよう!」という気持ちを持つことが大切だと思います。
M.H.

M.H.2008年4月入社/事務関連職

正社員

下肢障がい

入社動機

自動車通勤が可能な点と企業の安定性に惹かれました

もともと、私は建設現場で仕事をしていたのですが、交通事故に遭い、転職することになりました。当社を知ったのは、ハローワークが開催していた集団面接会を通してです。事務の仕事は全くの未経験だったのですが、会社選びにあたっては、障がい者雇用に実績のある特例子会社が良いのではないかと考えました。また、自分は下肢障がいがあるので、その中でも自動車通勤ができるところを探していたところ、ちょうど条件に合ったのが当社でした。さらに、大手広告代理店のグループ企業であったことも、入社を決断する上での大きな判断材料となりました。

仕事の内容

テレビ局、新聞社等に支払う媒体料金のチェックを担当しています

私が所属する媒体課では、グループ会社である博報堂や博報堂メディアパートナーズといった企業からテレビ局、新聞社などに対する広告料の支払い業務を担当しています。私が主に担当するのは、その支払い金額のチェックです。グループ会社から送られてきた支払いデータと紙ベースの請求書を見比べた上で、間違いがなければそのまま支払い処理に回します。
今では、すっかり仕事にも慣れましたが、入社当初は博報堂DYという組織がどのように構成されているのか。また、数多くあるテレビ局や新聞社、雑誌社などを覚えるのが大変でした。さらにPC操作についても、この仕事に就くまでほとんどさわったことがなかったため、例えば表計算ソフトの基本的な操作についても、イチから学んでいく必要がありました。ちょっとした計算業務が派生することがあるので、それについても少しずつ慣れていきました。

仕事観・やりがい

仕事を終わらせた時の達成感は、格別なものがあります

この仕事は、1カ月ごとの区切りがはっきりしているので、定められた期間内にすべての業務を終えることができた時は、なんとも言えない達成感があります。支払い業務は月末に集中するため、期日が近づいてくるとスピーディーに仕事をこなしていく必要があります。大変な部分もあるのですが、それをやり遂げる充足感がある仕事と言えます。
長くこの仕事に取り組んできましたが、まだまだ、どう処理したら良いかわからないことも少なくありません。時には、ちょっとした経理知識も必要となるケースがあるので、これから、さらに知識の幅を広げていきたいと考えています。

働く環境・社風

何でも言える環境だから、末永く、心地よく働き続けられると思います

特例子会社として、30年近くの実績がある当社には、配慮に関するノウハウが蓄積されています。オフィス内には、視覚障がいがある人が歩行しやすいように、配線を利用した立体的なガイドラインが設けられていますし、聴覚障がいがある人に緊急時の警報や来客が来たことを、ランプの点滅で知らせる装置も設置されています。働きやすい環境を整備することについて、常に前向きな検討を重ねている会社だと思います。
オープンな雰囲気の中、忌憚なく自分の意見を発信していける会社なので、もし、自己主張に自信がない人が入ってきても、知らず知らずに自分の意見が言えるようになっていくのではないでしょうか。そんな、自由な雰囲気がある会社です。

休日の過ごし方

気の向くままにテレビを見ることが、最高のリフレッシュ法です

休日の楽しみは、もっぱらテレビを見ることです。バラエティーや映画を中心に、気になる番組を見ることが定番のリフレッシュ法といったところでしょうか。ドライブも好きなのですが、会社までの運転時間が1時間以上かかることもあるので、最近は遠出をすることも少なくなりました。
これからは、時間があれば少し手話の勉強もしてみたいと思います。今のところ、簡単な単語だけでコミュニケーションは取れていますが、もう少しいろいろな表現ができるようになると、より詳細な意見交換ができるようになると思います。

職場仲間からの応援メッセージ

この企業に応募する

  • ブックマーク
  • 印刷

h_other

関連サイト
希望職種からさがす
希望業種からさがす
希望勤務地からさがす
障がい内容からさがす

会員登録されていない方、まずは会員登録から!

先頭