(メーカー/ICT、情報、通信・情報サービス)> 富士通株式会社の障がい者求人・雇用情報

富士通株式会社

企業ロゴ
メーカー/ICT、情報、通信・情報サービス
新卒 2018年卒業予定の方
  • ブックマーク
  • 印刷
  • この企業に応募する
基本情報
もっと詳しく

OB/OG仕事情報先輩社員のインタビュー情報をご紹介


多様性を大切にしてくれる会社で、「やれること」よりも「やりたいこと」を仕事にする

遠慮がないから精一杯の自分が出せます
多様性のある人材が集まれば、新しい価値観が生まれる可能性が広がると思います。障がいがあるからできない、ではなく、自分が何をしたいかで職種を考えることができるのは、素晴らしいことだと思います。もちろん、そのためには企業に自分が必要とする配慮についてを正直に伝える必要があります。
富士通は「配慮はするが、遠慮はしない」という基本スタンスのもと、障がいの有無に関係なく大きな仕事を任せてくれます。そのため、やりがいを持って働ける環境です。そこには、これまでの専攻や知識などは関係ありません。経験がなくても、自分の努力次第でなりたい自分になれる。それが富士通の魅力です。
尾藤 博史 さん

尾藤 博史 さん2011年入社/IT関連職

正社員

腎臓障がい

入社動機

忘れられない面談。その人柄に強く惹かれたのが入社のきっかけです

大学では理工学を専攻していたこともあり、就職活動は電気、電子や自動車メーカーが中心。そんな中、合同企業面談会「サ〜ナ就職フェスタ」で富士通のブースを訪問しました。その時知ったのは、富士通が医療系ICTのシェアで国内トップであること。実はもともと医療にかかわる仕事がしたいという思いからめざした理系の道。私は強く興味を持ちました。
ブースで対話した人事の方は、非常に熱く、富士通がICTで社会インフラを支えていることを語ってくれました。さらに、障がいで苦労したこと。働くことで、これまで支えてくれた家族に恩返しがしたいこと。就職活動の進め方など、非常に親身に、個人的な内容まで、さまざまなお話を聞いてくれました。面談というよりは相談です。そんな人事担当者の人柄に惹かれ、「この人たちと一緒に仕事がしたい!」と強く思いました。

仕事の内容

さまざまな方とコミュニケーションを取りながら進める仕事

現在、私はエンジニアとして、ヘルスケア・文教システム事業本部の次世代教育ソリューション統括部という部署に所属しています。メイン顧客となるのは大学です。大学と同じPC環境に、自宅からアクセスできるシステムを開発しています。開発といっても、オフィスにとじこもり、黙々とPCに向かう・・・・・・という仕事ではありません。お客様の元に訪問して打ち合わせをしたり、イベントなどでデモンストレーションを行い、来場者からニーズをヒアリングするなども行います。
また、システムが納品されれば、実際に使用するのは学生です。そのため、機能だけでなく利便性やデザイン性にもこだわり、デザイン会社とやりとりをしながら進めています。

仕事観・やりがい

「やりたい」気持ちに応えてくれるから、そこにやりがいが生まれます

富士通は、社員の「やりたい気持ち」を引き出してくれる会社です。自分から積極的に発信する人を応援してくれます。そのため、私もまだ入社して5年目ですが、製品の仕様やデザインの決定など、責任ある仕事をどんどん任せてもらっています。早いうちから責任ある仕事を任せてくれるので、それは確かな経験となり、同時にやりがいにつながります。
私の仕事は常に新しいことを学ばないといけません。そのため、セミナーや研修以外にも、プログラミングでわからないところは独学で勉強しています。そうして自分を磨き、将来は大学のシステムを変え、大学の在り方を変えたいと思っています。育児や介護で時間に制約のある方、働いている方、障がいがあるため移動が困難な方。誰もが大学で学ぶことができる世の中、働くことができる世の中の実現をめざしています。

働く環境・社風

安心して働ける環境でやりたいことにチャレンジしています

富士通は就活中からさまざまな気づかいをしてくれました。入社後もそれは変わらず、チームメンバーや上司が通院や残業時間について気にかけてくださいますし、社内には産業医もいて常に相談できる環境があるため、安心して働くことができています。
また、富士通はやりたいことにチャレンジさせてくれる会社です。そのために富士通では社員の成長を後押ししてくれる研修が豊富に用意されています。何かをやりたいと思えば、例えば語学など、直接業務に関係のない研修などを受けることもできます。私も入社前、プログラミング等の経験はありませんでしたが、今は自信を持って働いています。今後は、いつでも、どこでも、誰でも、学びたいと思う人すべてが学べる環境をつくっていきたいと考えています。大きな夢になりますが、モバイルワークの仕組みを整えることで、大学の在り方を変えたいと思っています。

職場仲間からの応援メッセージ

夢に向かってチャレンジする姿が、後輩の成長にもつながります

確固たる夢を持ち働き続ける尾藤さんは、後輩への良い刺激になると思います。富士通の求める人材像は、物事に対して意味づけを行い「好奇心を持って行動できる」人、自身の強み、弱みを把握し「継続して社会人基礎力を伸ばすことができる」人、そして「富士通に共感できる」人です。この人材像に合った方であれば、障がいの有無はもちろん、大学の専攻や国籍も問いません。富士通は、多様化する社会のニーズに応え続けていくため、多様性のある人材を求めているのです。障がいがあるからと自らの選択肢を狭めずに、何ができるのかだけでなく、何がやりたいのかを伝えてくれる。尾藤さんは、まさにそんな人材です。これからもぜひチャレンジを続けていってください。

人材採用センター 上林 阿記子 氏

夢に向かってチャレンジする姿が、後輩の成長にもつながります

富士通は社員一人ひとりの自発的な行動を応援する会社です。

限界を作らず、自分の好きなことを突き詰めてほしい。
就職活動の際、待ちの姿勢や受け身になることは良くありません。面接の場は、企業が応募者を選ぶ場ですが、同時に応募者が企業を選ぶ場でもあると思います。
「こちらが選ぶ」という気持ちで接し、臆することなく自分のやりたいことを伝えてください。
その際、私が大切だと思うことは、「自分の好きなことやできること」を良く知り、それをどこまで広げていけるかを考えることではないでしょうか。同時に、「これは無理だろう」等という限界を自ら作る必要もありません。
自分の好きなことを突き詰め、得意分野を分析することは、自分の「強み」を理解することにも繋がるため、就職活動においてはかなり効果的だと思います。
川原 良介

川原 良介2009年4月/営業・販売関連職

正社員

上肢障がい

入社動機

募集職種は「全職種」。限定がない活躍フィールドに魅力を感じました。

就職活動中、かなりの数の会社をみて回ったのですが、その際、感じたのは、障がい者を対象にした募集では、エントリーできる職種が限られている企業が多くあることでした。
私は人と接する仕事がしたいと考えており、営業職を第一希望として就職活動を行っていましたが、障がい者募集情報を見ると、募集職種から営業職を外している会社もあり、物足りなさを感じていました。
しかし、富士通はそうではありませんでした。募集職種の限定はなく、富士通にあるすべての職種が対象。障がいと関係なく、一般の社員と同じフィールドで仕事ができることは大変魅力的でした。
また、まだ面接の段階で、面接官から「富士通は厳しいよ」と言われたことも心に残っています。普通なら、選考時には応募してきた学生に対し、自社の良い部分をアピールすると思いますが、あえて厳しさも伝えていただけたことが印象的でした。「厳しい」環境なら、そこで努力すれば早く力をつけることができる。
私は負けず嫌いのため、「よし、やってやるぞ」という意欲が湧いてきたことも入社につながったのだと思います。

仕事の内容

希望だった営業職。上司からの「お客さまを好きになれ」を基に様々なことを吸収中。

運輸統括営業部という部署に所属しています。入社時以降、同じ部署におり、職種は希望通り営業です。
我々の部署のお客さまは、運輸や倉庫分野の大手企業が主です。入社当初は先輩のサポート業務で、見積りの作成や納期変更の調整など、プロジェクトにおける特定部分の仕事が中心でしたが、現在は、商談の初期段階から担当させてもらうことが多くなっており、大きなやりがいを感じながら働いています。
商談を進めるにあたって必要となる、お客さまはもちろん、SEや関係する事業本部との調整も担当しており、お客さまと自社内の部署や部門との間で、プロジェクトを動かしていくポジションだと考えています。
以前、上司から「お客さまを好きになれ」と言われたことがあります。「ニーズにふさわしい提案をするには、お客さまが何を求めているかを理解しなければならない。お客さまを心から好きにならなければ、それができないだろう」と言われたことは忘れられません。
お客さまを良く知り、ますます好きになっていくために、毎日様々なことを吸収中です。

仕事観・やりがい

お客さまや世の中に役立つ仕事に携わっていることがやりがいです。

お客さまとの商談では、まず、システム導入の目的や要望を伺います。
何のためのシステムなのか。そのシステムでどういったことを実現させていきたいのか。
お客様が要望される内容において、できることが現実的に限られることもありますが、お客様の要望、お客さまの「夢」を、富士通の技術・製品を使ってどう実現させていくかを考えることも営業の仕事の一つであると思います。
そういったお客さまへの提案を考えるにあたって、社内でプロジェクトに関係する人たちと議論を重ねながら、一つの目標へ向かって仕事をしています。
私の目標は、お客さまからの要望を受けてシステムを形にするだけにとどまらず、こちらからお客さまに「この技術を使って、このような業務を新たに始めてはいかがでしょうか」と提案することです。これが真の営業の姿だと思います。
周りの人たちと一緒につくりあげたものが、お客さまや世の中に役立つことがやりがいにつながるのだと思います。

働く環境・社風

「チャレンジを応援する」会社、富士通。やる気がある分だけ働きがいもある仕事ができます。

富士通は「チャレンジを応援する」会社であると感じています。それは、入社したばかりの新人にも当てはまり、年齢に関係なく、やる気と熱意をもって周りに働きかけを行えば、必ず応えてもらえる環境が整っています。なぜそう考えたのかをきちんと説明できれば、自分の考えをストレートに打ち出す人を決して嫌うことはありません。
会社全体も社員一人ひとりの自発的な行動を求めていると思いますし、上司や先輩もそうした人の意見をきちんと聞く風土があります。
「ともかくやってみよう」は富士通の社風。新人であっても、やる気に比例したやりがいを感じることのできる、非常に働きやすい環境だと思います。

休日の過ごし方

仲間とのフットサルや飲み会が良いリフレッシュです。

体を動かすことが好きなので、大学時代の友人や会社の同僚たちとフットサルをやっています。
今は月に1〜2回程度ですが、やる時は心いくまで思い切り楽しんでいます。
また、普段仕事を共にすることがないような同期の皆と飲み会に行くのもリフレッシュになっています。
「ON」と「OFF」の切り替えを行いながら、休日を楽しんでいます。

職場仲間からの応援メッセージ

「富士通なら働きがいがあるに違いない」と感じ、入社を決めました。

自分のやりたいことや考えていることをしっかりと表現してください。
就職活動で大切なのは、自分の気持ちに正直に、自分らしくいることだと思います。たとえば面接で、マニュアル通りにうまく受け答えするよりも、自分のやりたいことや考えていることをしっかりと表現した方が、自分にマッチした企業が見つけやすいと私は考えています。そして私にとっては、それが富士通でした。内定はゴールじゃなくて、新たなスタートです。これからどんな企業で、何がしたいかを、深く突き詰めてみてください。
また、障がいがあることを理由に、自分で限界を作らないでください。物理的にできないことはあるかもしれませんが、逆に自分しかできないこともあるはずです。選考では自分という個性をはっきりと企業に伝えてほしいですね。
武田 陽奈子

武田 陽奈子2011年4月/営業・販売関連職

正社員

聴覚障がい

入社動機

やりたいことを真剣に聞いていただいた人事の方に惹かれました。

富士通との出会いは、障がい者向けの合同会社説明会でした。私は障がい者枠などは関係なく、一般採用と同じ基準で対応してほしいと希望していましたが、私が活動したなかではそうした会社はあまりなかったように思います。当日、富士通のブースを訪ねたのは、説明会の最後の最後。順番待ちの列の最後尾に並びました。私の番が回ってきたときは説明会の終了時間も過ぎていたのですが、とても丁寧に話をしてくれました。
人事の方が尋ねてきたのは「富士通でどんなことをしたいのか?」。障がい者採用という枠組みではなく、やりたいことを真剣に聞いていただいた人事の方の対応を通じ、「富士通なら働きがいがあるに違いない」という思いをもちました。その後の選考の中でも富士通への思いは強まるばかりでしたが、一番初めの出会いに心惹かれ、内定をいただけたら絶対に入社しようと最初から決めていました。入社に向けて、障がいへの配慮についても、こちらが気がつかないようなことまで確認していただけたので、不安もありませんでした。

仕事の内容

営業の醍醐味を感じている毎日です。

金融ソリューションビジネスグループという部署で営業をしています。担当は大手リース会社で、システムなどを販売する仕事です。
お客さまの基幹システムと周辺のシステムを納入し、その後は定期的にメンテナンスを実施。さらに、更新の時期が近づくと、システムの変更や導入について提案を行います。
配属当初は先輩について回り、打ち合わせの進め方や仕事の基本を覚えていきました。まだまだ、お客さまに対する提案を完全に一人で任されているわけではありませんが、入社2年目となった今では、責任ある仕事も徐々に任せていただけるようになり、お客さま先へ一人で行くこともあります。職場では、先輩や上司がしっかりとサポートをしてくれますので、安心して仕事に打ち込めています。自分が主担当として考える部分も増え、営業の醍醐味を感じているところですが、将来的には自分が中心となり、一つのシステムを皆とつくりあげ、お客さまに提供するまで、責任をもって出来るようになることが目標です。

仕事観・やりがい

営業はお客様と技術者をつなぐ架け橋。

富士通には一人ひとりのチャレンジする姿勢を認めてくれる風土があると思います。個人に任される領域が広いため、その分自分が成長するチャンスも多い会社だと思います。
最近では、「若手に担当させる」という部署の方針もあり、新規の顧客開拓でお客さまのところへ訪問する機会が増えています。初めて伺うお客さまの場合、どんな材料が必要か、どのような内容の話をするべきか、事前に考え準備をして訪問。そして、商談の中で「それはよいね。もっと話を聞きたい」という反応が得られれば、それを提案につなげていきます。新しいお客さまとお話しするたびに新たな発見があるのも楽しみの一つです。
営業はお客様と技術者をつなぐ架け橋のような存在と考えています。双方を理解した上でしっかりコミュニケーションをとって進めて行かなければならず、すごく難しい役割。専門的な知識を身につける必要もあると思いますし、人間的にも成長しなければなりません。だからこそ、やりがいを感じますね。

働く環境・社風

障がいへの配慮と同時に一人の社員としても期待してくれる。

私は聴覚に障がいがありますが、仕事において障がいを理由に特別扱いされていることはありません。多人数でのミーティングなどでは、きき取りにくいこともありますが、そんな時は終わった直後に先輩社員を捕まえ、一つひとつ質問して情報を確認しています。障がいへの配慮はしてくれると同時に、一人の社員としても期待していただき、鍛えてもらってもいます。何より、今の部署は本当に明るくて、みんないきいきとしている。働く環境に恵まれているのは幸せなことだと思います。
将来の目標は学生時代から関心が強かった、環境に関係する仕事をすることです。ICTを通じて環境問題解決に寄与できればと考えていますが、富士通にはそのフィールドが確実にあると考えています。現状に満足せず、ステップアップしていきたいと考えています。

休日の過ごし方

休日は学生時代から続けてきたテニスで真剣に活動。馬術部で乗馬にも挑戦。

学生時代からずっと続けてきたテニスでは富士通の実業団に所属し、さらに馬術部で乗馬にも挑戦しています。
趣味や運動を満喫するためにも仕事を一生懸命にしているし、仕事の疲れを吹き飛ばすために休日も真剣になる。良いサイクルができていると思います。

職場仲間からの応援メッセージ

この企業に応募する

  • ブックマーク
  • 印刷

h_other

関連サイト
希望職種からさがす
希望業種からさがす
希望勤務地からさがす
障がい内容からさがす

会員登録されていない方、まずは会員登録から!

先頭