(サービス/事務処理サービス)> 株式会社リクルートオフィスサポートの障がい者求人・雇用情報

株式会社リクルートオフィスサポート

企業ロゴ
サービス/事務処理サービス
新卒 2021年卒業予定の方  中途 2019年以前卒業の方
基本情報
もっと詳しく

OB/OG仕事情報先輩社員のインタビュー情報をご紹介


面接の際の企業見学が印象的で、興味がわいてきました。

実際に企業を見てみることで、入社意欲につながります。
就職活動をはじめた頃は、企業のことはぜんぜんわからなくて当たり前です。
企業はたくさんあるので、興味をもったらとりあえず調べてみたり、企業見学に参加したりしてみることが大切です。私も実際に会社を見たことで、雰囲気を知り「ここで働きたい!」と思えたことが非常に大きかったです。
実際に企業をみると、思っていた印象とガラッと変わるかもしれません。
できるだけたくさんの企業に行ってみて、自分に合った選択ができるように就職活動をがんばってください。
金子 歩未 さん

金子 歩未 さん2019年4月入社/事務関連職

正社員

下肢障がい

入社動機

明るくイキイキと働いている社員の方たちが印象的でした!

就職活動を始めた頃は、接客業などにも興味があり、一般枠で就職活動していました。しかし、下肢障がいのため、立ち仕事になるということも懸念していたこともあり、大学のキャリアセンターで相談をしたところ、障がい者雇用について教えていただき、障がい者に特化したサイトなどで活動を進めていくことにしました。その中で、リクルートオフィスサポートとの出会いがありました。入社をしたいと思ったきっかけは、面接の際に社内を見学させていただいたことです。社員の皆さんが明るくイキイキと働いているということが印象的で、この企業で働いてみたいという思うようになりました。

仕事の内容

メディア掲載のための広告審査を行なっています

現在、就職情報の関連メディアの品質を保つために広告審査を行う部署に所属しています。メディアに情報を掲載するための審査業務を中心に、進行管理担当者のアシスタント業務なども行っております。審査業務は、在宅勤務のメンバーが行なった審査に対して、二次チェックをして納品をするという業務を中心に行っています。また、進行サポートとして、納品をした内容については最終の審査結果を在宅のメンバーにフィードバックするなど審査内容の向上を図っています。多くのルールを覚えるのは大変ですが、地道に努力をすることで、できることがすこしずつ増えるのがやりがいです。

仕事観・やりがい

早く業務を覚えステップアップをしていきたい!

入社1年目のため、今は審査業務の実務を覚えている段階です。また、進行管理担当者のサポート業務も少しずつ増えており、在宅メンバーとビデオ通話でコミュニケーションを取って業務の確認をすることも。今後の目標は、在宅メンバーや先輩社員から信頼され、安心して仕事を任される存在になることです。また、実務の部分をしっかりと固めてステップアップをして、進行担当者として活躍していきたいと思っています。

働く環境・社風

ハード面・ソフト面どちらも働きやすい環境が整っていると思います。

ひと言で表すと、いろいろな人がいる職場です。最初に受けた印象どおりの会社だと感じています。
新卒のため企業で働くということが初めてで、慣れていないこともたくさんありますが、周りの方が親切ですぐに相談ができる雰囲気があるので働きやすいと思っています。
オフィスは完全バリアフリーで、社員同士がお互いを理解しながらフォロー・サポートを行っているため、業務を進めてい行くことで困ることはありません。

休日の過ごし方

休日は都内を満喫!

お休みの日は、電車でぷらっと出かけています。友人とショッピングに出かけることも多いかもしれません。
家で過ごすときは、映画が好きなのでDVDを見ています。最近はアラジンが大好きです。
社会人になって、以前より活動的になった気がします。

職場仲間からの応援メッセージ

働きやすさと働き甲斐が共存する成長できる会社です

表面的な条件だけでなく、その会社の本当の魅力をつかんでください
平成15年中途入社後、事業部署や、新規事業企画の部署などを経験し、平成26年4月、マネジャーに昇進。穏やかな風貌と、落ち着いた物腰で、部下からの信頼も厚い。
現在は、受託領域の拡大や、新規領域の検討も担当しています。メンバーの働きやすさと顧客満足を両立する業務設計を模索する日々です。難しい課題にも、前向きにかつ、非常にロジカルに取り組む大谷さんに、マネジャーとしての想いなどを伺いました。
大谷 桂司さん

大谷 桂司さん2003年8月/事務関連職

正社員

下肢障がい 

入社動機

車通勤可能!が決め手でした

私の転職活動当時は、今ほどバリアフリーも進んでおらず、私有車で通勤できる会社は、都内ではほとんどありませんでした。そんな中、リクルートオフィスサポートはバリアフリーな環境が整っていて、何より私有車通勤が可能であったことが入社の決め手です。また、選考スピードが速く早々に内定のお話がいただけたこともありがたかったです。

仕事の内容

業務上の指示だけでなく、部下の様子に注意を払いフォローをすることも、マネジャーの大切な仕事

私がマネジャーを務めている部署では、リクルートグループ各社従業員向けの研修やWEBテストの運営・管理を受託しています。具体的には、まずは各社の担当者から実施内容をヒアリングし、見積金額なども提示しながら受託する運営の範囲を決定します。そして、その内容に応じて、対象者リスト作成、受講・受験者への広報、受験結果や受講後アンケートの集計、分析結果の納品等を行います。実際の業務は、2つのチームに分かれて行い、メンバーはチーム内で自分の担当を持ちながらも、互いに協力し合って業務を遂行しています。メンバーは、判断できない事や困った事が起きたときはリーダーに相談しますが、リーダーでも判断が難しいときは私が相談を受け、適宜指示を出します。時には委託元に出向いて交渉するなど、自分が解決に向けて動くときもあります。
また、リーダーやメンバーの様子に気を配り、必要に応じて話を聴き、フォローや指示をすることも大切な仕事です。

仕事観・やりがい

自分自身が鍛えられ、成長することができることが嬉しい

現在の部署では職域拡大の検討もしています。リクルートグループ内に新たに受託できる業務はないかを探り、各社に提案しますが、もちろんすべてが受託できるわけではありません。グループ各社もコストは最小限に抑えたいですから、グループ外の他のアウトソーサーと遜色ないか、むしろ上回るパフォーマンスでないと仕事は頂けないのです。これはなかなか難しい役割ですが、それだけに、受託できたら本当に嬉しいですね。また、この経験によって自分自身が鍛えられ、成長することもできるのことにやりがいを感じています。

働く環境・社風

お客様から必要とされ、信頼されるパートナーに

特例子会社というと、親会社から与えられた業務をこなす会社というイメージがあるようですが、リクルートオフィスサポートは違います。お客様にとって本当にメリットを感じて頂ける価値を、どのようにしたら生み出すことができるのか。ここを考え抜いて初めて、仕事をお任せ頂けます。だからこそ、お客様から本当に必要とされ、信頼されるパートナーになれるのです

障がいへの配慮に対しても、非常に考えていただいています。例えばビルを借りる時には、車いすでも使いやすいようにフロアはもちろん、エレベータなどにも工事をいれてくれます。また、全体的に低い位置にものを設置したり、段差を解消するなど様々な配慮がされています。

  • メンバーへのきめ細やかなフォローを大切にしています。メンバーへのきめ細やかなフォローを大切にしています。
  • 年齢やキャリアなどを問わず、様々なメンバーが働いています年齢やキャリアなどを問わず、様々なメンバーが働いています
  • 部署のスローガンは『「攻」と「守」を磨く』部署のスローガンは『「攻」と「守」を磨く』

職場仲間からの応援メッセージ

その人らしく成長できる環境、文化があります

リクルートオフィスサポートは、従業員には長く勤務し、安定した就労の中で成長してほしいと思っています。成長の方向性やスピードはそれぞれで、実務担当者からスーパーバイザー、リーダー、マネジャーと、業務や組織を取り仕切る責任者をめざす人もいます。人事制度上、障がい者・健常者の区別はなく、現に15人のグループ・マネジャーのうち10人が障がい者です。
リクルートオフィスサポートには、障がいの有無や部位に関わらず、個人の能力や業績を公正に評価し、その人らしく成長できる環境、文化があります。

その人らしく成長できる環境、文化があります

働きやすい環境とやりがいのある仕事があります

実際に行動して、チャレンジしてみましょう!
自分が入社したときも企業のことを緻密に調べて、考えて入ったというよりも、ピンときたというか、興味のあることに進んだということが大きいなと思います。
考えるだけではなく、実際に会社に訪問して先輩社員の話を聞いてみるなど、行動に移してみないことには分からないことがたくさんあります。もちろん給与面とかいろいろ大事なこともあると思いますが、そこは入社してから変えられるという考えでした。
まずは、飛び込んでみることが大事ですので、いろいろなことにチャレンジしてください。
宇野浩司さん

宇野浩司さん2003年12月入社/事務関連職

正社員

下肢障がい

入社動機

きっかけは「リクルート」というブランドに憧れたから

リクルートオフィスサポートを知ったのは、職業リハビリセンターの先輩から紹介されたのがきっかけです。
入社を決めたところというのは、率直に包み隠さずいうと当時若かったので「リクルート」というブランドを付けてみたかった。
当時からいろいろなサービスが有名でしたが、自分も20歳くらいであまり知らなかったのですが、「リクルート」っておしゃれだなというところが大きかったです。それからいろいろ調べるうちにリクルートの考えやチャレンジ精神を大切にする社風に魅かれ、その一員として働きたいと強く思うようになりました。また、先輩から障がいの配慮が行き届いており、自分らしく働ける会社と聞いていたこともあり、安心して働ける会社だと感じました。

仕事の内容

在宅勤務メンバーのマネジメントを主に行っています

在宅事業開発部という部署の口コミチェックグループでリーダー職をしています。
具体的には、ひとつめとして、地方の障がい者採用を進めています。実際に現地に赴き、面接会を行うなど、採用試験の対応をしています。
ふたつめとして、在宅メンバーのやるべき業務の設計を行います。安心して働ける仕組み作りから、マニュアル作成やチェック体制の構築、新人メンバーの教育など幅広い業務を担当しています。現在は3つのチームを取りまとめています。

仕事観・やりがい

新しい仲間が増えること、そしてメンバーが成長することが素直に嬉しい

やりがいはたくさんあります。
最近ですと、在宅メンバーの採用を地方でおこなっていますが、その時に入社してほしいなと感じた方が、実際に入社して活躍しているのをみるとやりがいを感じます。
また、在宅で働くということは、発信する情報も受け取る情報も、情報量が少なくなってしまうところがあります。その中で、考えて伝えたことがうまくいったときは、「こういうやり方ができる」など多くの気づきがあり、非常に面白みを感じています。そして、メンバーが壁を乗り越え、よりモチベーション高く仕事をしてもらえるようになったときはとても嬉しいです。
さらに、もっと地方在宅のメンバーを広げていることに貢献していきたいと思っています。

働く環境・社風

誰とでもコミュニケーションがとりやすい環境がグループにあります

入社当時の印象としては、正社員として企業で働くのが初めてということと、当時は特例子会社というものをよく知らなかったので、働きやすいように障がい配慮が整っているなという印象でした。車椅子で公共交通機関の通勤が難しかったため、私有車での通勤を認めてもらいましたし、住宅補助も受けさせてもらっていました。通勤や住まいの負担が減ることで仕事に集中することができたと思います。
社風として、役職などに関係なくコミュニケーションがとりやすいということも魅力だと思います。グループの風土として、役職で呼ぶというのではなく「〜さん」という文化があります。今の上司もフランクに話を聞いてくれるので、一人で悩むことなく相談しながら業務を行えています。

職場仲間からの応援メッセージ

この企業に応募する

  • ブックマーク
  • 印刷

h_other

関連サイト
希望職種からさがす
希望業種からさがす
希望勤務地からさがす
障がい内容からさがす

会員登録されていない方、まずは会員登録から!

先頭

ページの先頭へ