Top > 就活読みもの > エリアインフォメーション > 神奈川県横浜市 桜木町エリアマップ

【エリアインフォメーション】 No.48 神奈川県横浜市 桜木町駅エリアマップ

今回は、神奈川県横浜市「桜木町駅」周辺をご紹介します。
桜木町駅は現在の横浜駅がに開業する前の1872年、日本で最初に鉄道が開通した時に初代の横浜駅として開業し、1915年(大正4年)に桜木町駅に改称されました。
桜木町駅前の「みなとみらい21-28街区」は、入居する複合商業施設が2010年3月に竣工し多くの人で賑わっています。

今回は歴史とみらいが混在する町、桜木町駅周辺のスポットをご紹介します。

桜木町エリアマップ

社会福祉法人 横浜市社会福祉協議会障害者支援センター

  • 障害者支援センター 9階の一番奥に事務所があります。建物内には車いすトイレもあります。
  • 障害者支援センター コミュニケーションボードには「お店用」「救急用」「災害用」の3種類があります。
  • 障害者支援センター
  • 障害者支援センター
  • 障害者支援センターのホームページで好きなイラストを選んで印刷すると、誰でも簡単に名刺サイズのコミュニケーションカードをつくることができます(左)。
    災害時に、障がい等があるため支援して欲しい人は「黄色」、支援できる人は「緑色」の物を身につけよう、という取り組みも進めています(右)。

 JR桜木町駅の目の前、横浜市健康福祉総合センターの9階に障害者支援センターがあります。
障害者支援センターが事務局を担う「セイフティーネットプロジェクト横浜」では、「コミュニケーションボード」と、障がいについて配慮いただきたいポイントをまとめた啓発チラシを作成・配布しています。 自閉症や知的障がいのある方の中には、絵や写真を使うことでコミュニケーションがスムーズになる方もいるということを広く知っていただくために作成したそうで、この使い方などを障がい者や家族、支援者のグループが地域の会合などに伺ってお話しする「出前講座」の活動にも取り組んでいます。 コミュニケーションボードと啓発チラシは障害者支援センターで入手できるほか、ホームページからどなたでもダウンロードできるそうです。
ぜひ一度ホームページをご覧下さい。

DATA

所在地 神奈川県横浜市中区桜木町1-1
横浜市健康福祉総合センター9階
お問い合わせ TEL 045-681-1211 FAX 045-680-1550

地域福祉向上のための活動社団法人かながわデザイン機構

  • 社団法人かながわデザイン機構 1996年4月に産業界をはじめデザイン関連団体、教育機関、行政機関等の幅広い県民の結集によって創設されました。
  • 社団法人かながわデザイン機構 「バリアフリー体験学習」は体験し、発見し、考え、創造する楽しい内容です。
  • 社団法人かながわデザイン機構
  • 社団法人かながわデザイン機構
  • 「かながわらしさ」をかたちに、「かながわスタイル」の創造と発言、かながわデザインを次の世代にを活動指針としています。

 社団法人かながわデザイン機構(KDF)は、デザインを主軸として神奈川県の産業振興と県民生活の文化向上を目的としています。
 ものづくり、教育、地域などに対するデザイン支援や展示会の開催など、さまざまな分野において戦略的なデザイン活動を行っています。
その活動の中でバリアフリー体験学習があります。 障がいのある方もない方も、利用しやすい公共施設の体験例として、みなとみらい地区で体験会を実施したほか、地域福祉向上のために障がい者、高齢者などを対象としたカヌー支援プログラム(ユニバーサルカヌー)の開発なども行っています。

DATA

所在地 神奈川県横浜市中区尾上町5-80
お問い合わせ TEL 045-681-2341 FAX 045-681-2342

障がい者用設備のご案内NPOスクエア連絡会

  • NPOスクエア連絡会 みなとみらい地区におけるバリアフリー設備について提案しています。
  • NPOスクエア連絡会 マニュアルを作成した代表の石井さん(右)とメンバーの山本さん(左)
  • NPOスクエア連絡会
  • NPOスクエア連絡会
  • マニュアルでは移動に関することからエレベーター、車いすトイレ、駐車場など詳しく説明しています。

 NPOスクエア連絡会は、みなとみらい21(MM21)地区を中心に、バリアフリー情報をまとめる活動をしています。 比較的新しい街である同地区にはエレベーターやスロープ、身体障がい者用トイレなどの設備がそろっていますが、適切な案内がないために使いこなせていないケースもあります。 そこで整備されているバリアフリー設備を、車いすの方にもっと活用してもらおうと冊子「横浜みなとみらい21ウェルカムマニュアル」を作成。 冊子では、細かい点に配慮しながら、車いすで移動しやすいコースを案内しています。みなとみらい駅やコレットマーレなど主要20施設について使い勝手をまとめた一覧表も掲載しています。
そのほか、横浜ワールドポーターズでさまざまなイベントも企画しています。

DATA

所在地 神奈川県横浜市中区桜木町1-1
横浜市健康福祉総合センター9階
お問い合わせ TEL 045-681-1211 FAX 045-680-1550

障がい者の方が接客しているレストランふれあいショップみなと

  • ふれあいショップみなと みなとみらいの駅からも近く、臨海パーク内で海を一望できるレストランです。
  • ふれあいショップみなと レストランは船をモチーフにして作られています。
  • ふれあいショップみなと
  • ふれあいショップみなと
  • 店内は広く、料理もおいしいと評判です。
    また、障がい者の方が製作したグッズも販売しています。

 このレストランは横浜市に居住する知的障がい者の社会参加促進事業を目的とする「横浜市手をつなぐ育成会」が平成8年4月にオープンしました。  就労訓練として3名の障がい者の方が接客から清掃までを行っています。テイクアウトもでき、レストランの周りの公園の芝生の上で、海を眺めながらランチする方も集まっています。花火大会の際には多くの観光客で賑わいます。

DATA

所在地 神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1
お問い合わせ TEL 045-223-2055

次は「横浜能楽堂」です!

横浜能楽堂

 横浜能楽堂では幅広い観客に能・狂言の本質を知ってもらいたいと、
多様なニーズに応える事業を実施しています。
その一つが今年(2012年現在)で11年目を迎えた『バリアフリー能』。
より多くの方が能を楽しめるよう、さまざまなサポートを用意しています。

横浜能楽堂

◆『バリアフリー能』のサポート

  • ○視覚障がいの方向け
     ・副音声
     ・触ることのできる能面の展示
     ・能舞台の触図
     ・点字チラシ/パンフレット、点字チケットの制作
     ・メールパンフレット(チケット購入時に申し込むことができます)

  • ○聴覚障がいの方向け
     ・台本の配布
     ・手話通訳/パソコン通訳での解説

  • ○車椅子の方向け
     ・駐車場の確保

  •  
  • ○その他
     ・介助者1名無料
     ・途中入退場可
     ・多機能トイレの設置
     ・段差の解消 など
  • 横浜能楽堂「バリアフリー能」では点字パンフレットの他、視覚障がい者の方に能舞台の触図があります。
  • 横浜能楽堂また、パソコン通訳によるリアルタイムの解説を行っています。
  • 横浜能楽堂車椅子用スペースが完備されており、「バリアフリー能」以外の公演でもご利用いただけます。
  • 横浜能楽堂能を始めとする日本の古典芸能の上演だけに止まらず、海外とのコラボレーションにより新たな作品も生み出しています。

DATA

所在地 神奈川県横浜市西区紅葉ヶ丘27-2
お問い合わせ TEL 045-263-3055 FAX 045-263-3031

【 一覧に戻る 】

会員登録されていない方、まずは会員登録から!

先頭