Top > サ〜ナ就職フェスタトップ > 参加者インタビュー(新卒) > 東京 第142回 東京開催 [新卒]

東京  第142回 東京開催参加者インタビュー [新卒]

新卒学生の参加インタビュー

6月30日(土)

btn_back

就活への意識が高まる機会になりました。

img_17

【新卒応募者】
障がい内容 上肢障がい
フェスタ参加 初回
面談企業 6社

 

【アンケート】

フェスタに参加されたきっかけは何ですか?
フェスタのことを知ったきっかけは、サ〜ナの情報誌でした。その後、WebSanaから詳細を検索してみると、さまざまな企業が参画されていることがわかり参加することにしました。
フェスタに参加される前に準備したことは何ですか?
さまざまな企業が参画されていたので、あらかじめどの企業へ面談に行くか決めておきました。また、時間を有効的に使うために、履歴書や面談で使用する資料などは多めに用意しておきました。
会場の雰囲気はいかがでしたか?
想像したよりも多くの方が参加されていて、活気を感じました。くわえて、有名な企業が多く参加していたので、就職活動に対するモチベーションが上がりました。
面談する企業を決めた基準は何ですか?
専門学校で学んだ知識を活かせる企業を中心に面談しました。また、会場で気になった企業にも積極的に行きました。予定していなかった企業でも、実際に行ってみると、学校での経験が活かせる仕事があったり、雰囲気の気に入る会社があったりしたのでとてもいい機会になりました。
面談で印象に残っていること何ですか?
人事の方と障がいについて話をした際に、私の障がいについて理解されている方が多いことに驚きました。私の障がいは進行性なので、配慮について、現在は必要なくても、今後必要になるかもしれないものもあります。そのようなことも、親身に話をしてくださいました。

【感想&アドバイス】 フェスタは人事の方と面談ができるだけでなく、就職活動へのモチベーションや意識が上がる機会にもなると感じました。就職活動をしている多くの障がい者の方々と同じ場にいることで、自分も頑張ろうという気持ちになります。資料を用意することや、会場へ向かうことが億劫になる方もいるかもしれませんが、とても有意義な時間を過ごすことができるので、参加してみることをお薦めします。

btn_back

先頭