Top > サ〜ナ就職フェスタトップ > 参加者インタビュー(中途) > 東京 第128回 東京開催 [中途]

東京  第128回 東京開催参加者インタビュー [中途]

中途学生の参加インタビュー

1月21日(土)

btn_back

深く企業を知ることで、志望動機が明確になりました。

img_17

【中途応募者】
障がい内容 下肢障がい
フェスタ参加 初回
面談企業 5社

 

【アンケート】

本日、訪問した企業を選んだ基準は何ですか?
これから上京しようと考えていますので、首都圏で勤務できる会社を探しています。生活を考え、雇用形態や勤務条件などにも注目しました。参加前から決めてきた会社と、会場で決めた会社の合計5社に訪問しました。
参加前に準備してきたことはありますか?
履歴書や職務経歴書などの書類は多めに持ってきました。また、自分のこれまでの経験を踏まえて、こうした仕事がしたいというのは伝えられるように準備してきました。しかし、もっと参加企業について事前に調べてくるべきだったと感じています。
面談した企業にはどんな印象を受けましたか?
これまでに参加したことがある集団説明会などと違い、フェスタでは1対1なので、緊張もしましたがじっくりと対話ができました。どの企業の担当者も丁寧に説明してくださり、情報収集ができました。
面談ではどのような話をしましたか?
詳しい事業内容や仕事内容、職場環境などについて教えていただきました。また、自分と同じように障がいのある方が、その企業でどんな働き方をしているかを具体的に聞くことができ、安心しました。
会場の雰囲気はいかがでしたか?
他の合同説明会と違い、ブースごとに1対1で面談をしているので、最初はびっくりしました。でもその分、落ち着いて話をすることができました。障がいのある方が同じように就職活動をがんばっている姿をみると、自分もがんばら ないといけないと刺激になりました。

【感想&アドバイス】 通常は応募して、書類選考の後にようやく企業の方とお会いできますが、フェスタでは面談で直接書類をお渡しできるので、非常に効率的だと思います。また、より深く企業研究ができるので、自分の志望動機を明確にすることができました。訪問先の企業に迷っている時などは、現場スタッフがさまざまなアドバイスをくれるので、参加して損はないと思います。

btn_back

先頭