合同企業面談会「サーナ就職フェスタ」など弊社主催イベントにおける
新型コロナウイルス等の感染予防について   3月23日更新

ウェブ・サーナをご利用のみなさまへ



新型コロナウイルスの感染症例が複数の国・地域から報告されております。

弊社では厚生労働省より発表された下記「国民の皆様へのメッセージ」に従い、来場される皆さまの安全を考慮してイベントを開催いたします。

尚、発熱症状や風邪の症状のある方および、“3月18日”に首相官邸より渡航者自宅待機要請の出された『欧州38ヵ国+アジア2ヵ国』から帰国されて14日未満の方のご参加はご遠慮くださるようお願いいたします。



株式会社イフでは、サーナ就職フェスタなど弊社主催イベントにご来場の求職者、出展企業、関係者の皆様に次の対応とお願いをしております。

・求職者、出展企業、スタッフ関係者、へのマスク着用の推奨
(希望者へのマスク配布も行いますが数量に限りがありますのでご容赦ください)

・会場内における、手指用の消毒液(アルコール消毒液)の設置(入場口など)。

・イベント当日は、求職者、出展企業、関係者、運営スタッフがマスクを着用して活動する場合がございます。ご理解ください。

新型コロナウイルスに限らず、インフルエンザや風邪などの感染症が多い時期になりますので、手洗いやうがいなどの感染症対策にもご協力をお願いいたします。


今後の状況・情勢の変化に伴う対応・開催予定の変更などについては、決定次第、当ページにてお知らせいたします。


弊社では、イベントに参加される皆さまの安全に配慮し運営して参りますので、何卒ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。



その他、新型コロナウイルスに関連情報はこちらをご参照ください。





【厚生労働省より発表されたメッセージ(新型コロナウイルス感染症について)】(令和2年3月20日発表)

◆国民の皆さまへのメッセージ

○国民の皆様におかれては、風邪や季節性インフルエンザ対策と同様にお一人お一人の咳エチケットや手洗いなどの実施がとても重要です。感染症対策に努めていただくようお願いいたします。
○次の症状がある方は「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。
・風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。
 (解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)
・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。
※高齢者や基礎疾患等のある方は、上の状態が2日程度続く場合
○センターでご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」をご紹介しています。マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。
○なお、現時点では新型コロナウイルス感染症以外の病気の方が圧倒的に多い状況であり、 インフルエンザ等の心配があるときには、通常と同様に、かかりつけ医等に御相談ください。

【相談後、医療機関にかかるときのお願い】
○帰国者・接触者相談センターから受診を勧められた医療機関を受診してください。複数の医療機関を受診することはお控えください。
○医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。

【イベントの開催に関するお願い】(令和2年3月10日・安倍総理)
○1、2週間が、急速な拡大に進むか、収束できるかの瀬戸際とされた新型コロナウイルス感染症の現状について、昨日の専門家会議では、爆発的な感染拡大には進んでおらず、一定程度持ちこたえているものの、同時に依然として警戒を緩めることはできないとの見解が、新たに示されました。
○また、3月19日を目途に、これまでの対策の効果について判断が示される予定です。引き続き、国内の急速な感染拡大を回避するために、極めて重要な時期にあります。 政府としては、先般決定された基本方針において、イベントの開催の必要性について主催者等に検討をお願いし、またそれを踏まえて、全国規模のイベントについては中止、延期、規模縮小等の対応を要請したところですが、専門家会議の判断が示されるまでの間、今後概ね10日間程度はこれまでの取組を継続いただくよう御協力をお願い申し上げます。(令和2年2月26日・安倍総理)
○政府といたしましては、この1、2週間が感染拡大防止に極めて重要であることを踏まえ、多数の方が集まるような全国的なスポーツ、文化イベント等については、大規模な感染リスクがあることを勘案し、今後2週間は、中止、延期又は規模縮小等の対応を要請することといたします。(令和2年2月20日)
○新型コロナウイルスの感染の拡大を防ぐためには、今が重要な時期であり、国民や事業主の皆様方のご協力をお願いいたします。
○最新の感染の発生状況を踏まえると、例えば屋内などで、お互いの距離が十分にとれない状況で一定時間いることが、感染のリスクを高めるとされています。
○イベント等の主催者においては、感染拡大の防止という観点から、感染の広がり、会場の状況等を踏まえ、開催の必要性を改めて検討していただくようお願いします。なお、イベント等の開催については、現時点で政府として一律の自粛要請を行うものではありません。
○また、開催にあたっては、感染機会を減らすための工夫を講じていただくようお願いいたします。例えば、参加者への手洗いの推奨やアルコール消毒薬の設置、風邪のような症状のある方には参加をしないよう依頼をすることなど、感染拡大の防止に向けた対策の準備をしていただくようお願いいたします。
○国民の皆様においては、風邪のような症状がある場合は、学校や仕事を休み、外出を控えるとともに、手洗いや咳エチケットの徹底など、感染拡大防止につながる行動にご協力をお願いします。特に高齢の方や基礎疾患をお持ちの方については、人込みの多いところはできれば避けていただくなど、感染予防に御注意いただくよう、お願いいたします。
○そのためには、学校や企業、社会全体における理解に加え、生徒や従業員の方々が休みやすい環境整備が大切であり、テレワークや時差通勤も有効な手段であります。関係の皆様のご協力をお願いいたします。
○なお新型コロナウイルス感染症の今後の感染の広がりや重症度を見ながら適宜見直すこととしています。


<厚生労働省>
新型コロナウイルス感染症について

<厚生労働省検疫所>
海外感染症発生情報





前のページにもどる